2016年9月

尾崎紅葉 「金色夜叉」 新潮社 1969年発行

~「金色夜叉:学生時代の思い出」~

 大学生の頃、普段読まない文学作品を読んでみようと思いました。
 ただ、一人で読んでも続かないだろうと考えた私は当時お付き合いをしていた女性(現在の妻です)と共に本屋へ行き一緒にこの本を選びました。文語体で書かれているのでとても読みづらい本でしたが、ゆっくりと何とか読み進め読了することができました。
 一人ではなく、二人で共通の本を読み共有できるものを作るのも面白いと思います。

(副学長 石田隆城)