2017年11月

岡潔 「春宵十話」 光文社文庫 2006年発行

~春宵十話から読む日本人~

 春宵十話は、天才数学者の岡潔が、数学に対する考え方や研究、教育の仕方へのアドバイス、世相への批判と未来の展望と恐れを綴った随筆集である。この随筆集では、日本文化の特性は「情緒」としており、憂いや道義がある美しい文化を読み解くことが出来ます。そして、私が留学の時に「日本人はどうあるべきか」と考えさせられた一冊です。皆さんも、この本から日本人らしさとは何か考えてほしいです。

(経営学部 野場惇平)