2018年11月

吉川英治 「三国志」1~8巻 講談社 吉川英治歴史時代文庫 1989年発行

~組織論やリーダー論につながる三国志~

 私にとっての一冊は、全8巻の「三国志」(一冊ではない)です。今ではゲームや漫画などで有名ですが、もとは中国の「三国志演義」を題材とした吉川英治の歴史小説です。
 当時は、そのスケールの大きさと様々な人物が織り成す人間模様、そして運命的な展開や結末などに導かれ、時間を忘れて読みふけっていました。現在にも通じる組織論やリーダー論への含蓄のある示唆も多く含まれています。一度読まれてみることをお勧めします。

(リハビリテーション学部 江西一成)