エルネスト・チェ・ゲバラ(訳/棚橋加奈江)『モーターサイクル・ダイアリーズ』 角川文庫 2004年発行

 昔、読んだモーターサイクル・ダイアリーズをお勧めします。
 キューバの革命家でゲリラを指導していたといわれるエルネスト・チェ・ゲバラがまだ革命家ではなく、ずっと以前の若い頃、南米大陸をバイクやヒッチハイクで縦断した時の日記です。政治的な思想に共感するわけではありませんが、単純に粗野で無鉄砲だけど、どこか爽やかな気持ちにさせてくれる本です。息詰まったコロナ禍の現在、20年ほど前に読んだこの本のことを時々思い出します。

(リハビリテーション学部 平井秀雄)