2022年8月18日

アレン・ギンズバーグ(訳/柴田元幸)『吠える:その他の詩』スイッチパブリッシング 2020年発行

 大学時代、英語の教材として出会い、衝撃を受けた。これが詩なのか。詩とは穏やかな情景が綴られたものという先入観が一気に壊された。「吠える」からは、ギンズバーグの怒りが荒々しい言葉とともに圧倒的な質量で押し寄せてくる。古い価値観を打ち破り、新しい世界観を確立すべく、もがく学生たちに贈りたい一冊である。なお、ギンズバーグの真骨頂は朗読にある。心臓を鷲掴みされるようなポエトリー・リーディングも必聴である。

(経営学部 野村淳一)