中国語を勉強して留学してみませんか?

こんにちは。
経営学部で「中国語」を担当している日下部直美です。

現在、日本と中国の関係はあまり良くないと言われています。
しかし、この様な状態は、あまり長く続かないと思います。

民間交流は変わらず活発に行われており、
経済面でも、中国は日本の重要な輸出相手国であり
輸入相手国でもあります。
今後もこの関係が続くことは、簡単に予想できます。

私の中国語の講義では、
第一回目の講義でアンケート調査を行います。
その中で、中国語の講義を選択した理由について、
一部の学生は日中関係を冷静に捉え、
「将来のために中国語を選択した」と答えていました。

第二外国語を選ぶときには、
その国のもつイメージに左右されやすくなります。
広い視野をもち、将来を見すえた上で、
皆さんにも中国語を勉強してもらうことをオススメします。

本学には、
中国語圏への約1年間の単位認定留学プログラム(奨学金付)や
約1週間のスタディーツアーもあり、
学んだ中国語が応用・実践できる機会を用意されています。
また、中国語圏からの留学生も多く在籍しており、
彼らとの交流を通じて中国に対する理解を深めることができます。

星城大学で中国語を勉強して留学してみませんか?

photo_2.jpg

写真は台湾スタディーツアーに参加した時のものです。