2014年3月

台湾 新竹県でのゴミ拾い(ボランティア活動)に参加して

こんにちは。国際センターの小林康男です。

2011・3・11から今年で3年が経過し、「負けるな東北」「ありがとう台湾」
というイベントが日本でも開催されていますが、台湾でも開催されています。

その一つが3月2日(日)に愛知県と台湾新竹県で同時にゴミ拾いをするというイベントでした。
名古屋にあるNGOアースが名古屋市内と台湾鉄道内湾駅周辺でゴミ拾いをしました。
NGOアースという団体は台湾で3年連続してゴミ拾い活動を続けていますが、
ユニークな所は、希望者は「ゴミ拾いレンジャー」として仮装をしてゴミ拾いをするところにあります。
私は星城大学4年の神野君と共にこのイベントに参加しました。
彼は弓道着を着、私はグリーンレンジャーの衣装に身を包み参加しました。

このイベントの台湾でのセレモニーを取り仕切ったのは、
大華科技大学の李右婷副学長と本学卒業生の林奕維君でした。
挨拶には台湾教育部長(文科大臣)蒋偉寧氏、新竹県知事邱鏡淳氏、
本学の提携大学大華科技大学石慶得学長を始め、地元青年会代表、NGOアース代表などが行い、
その後仮装団体の紹介があり、会場は大いに盛り上がりました。
写真撮影や団体の紹介が終るとゴミ拾いが始まりました。
内湾駅から二手に分かれ約1時間作業をして再び駅に戻り、ボランティア活動は終了しました。

3・11の東日本大震災を形骸化させないためにも、
このようなイベントが日本だけでなく、台湾でも開催される意義は、大きいと思いました。
また様々な機会にボランティア活動に取り組んでいる団体が沢山あることは、素晴らしいことです。
特に愛知県名古屋のNGOアースは活動歴が7年前からと聞いて、感激しました。
そしてこのようなボランテァイ団体がますます増え、お互い住みやすい地域にしたいと思いました。
なお、台湾で紹介されたこのイベントの記事をご覧ください。

この写真は3月2日(日)に台湾内湾駅近辺で行われたゴミ拾いの風景

shashin1.jpg

仮装をしてゴミ拾いをするアースのメンバーと、地元ボランティアの人たち

shashin2.jpg

「研究室」の本棚

こんにちは!観光まちづくりコースの天野圭二です。

大学は高校までと違って、各先生が個別に「研究室」を持っています。
講義で教壇に立つ以外に、各先生方が興味に基づいた研究を進めておられるので、
機会を見つけて先生方の研究室をたずねてみることをお勧めします。
特に本棚に個性が出ていて面白いですよ!

私自身も各先生方の研究室に行くとき、
用件とは別に、本棚に意識が行ってしまいます。
意外な本を読んでらっしゃったりして、少し感動を覚えたり。

最近だと経営学部の某先生の研究室にリチャード・ドーキンスの
『利己的な遺伝子』があって、感心してしまいました。
専門領域からははるかに遠いはずなのになあ。
勉強熱心な先生です。

この本、人間は遺伝子を運ぶための器であるという議論なわけですが、
純粋な学術書というより、ドーキンスに言わせると
「サイエンス・フィクションのように読んでもらいたい」というだけあって、
なかなか読ませる本です。

写真は私の研究室の本棚の一部です。
フィンランド語の辞書や国際関係学のテキストといった英文の本から、
ゲームソフトやマンガまで。

dsc02213.jpg

ゲームやマンガは文化経済論という講義で使ったりもしています。
少し難しく書くと、アニメやゲーム、マンガなどのコンテンツを
継続的に生み出す社会的な仕組みや、
生み出されたコンテンツの活用方法についての国際比較研究を進めているので、
こういった本が必要になるわけです。
私から皆さんに伝えたいのは、
学生の頃からたくさんの本に触れることの大事さです。
なにも難しい本にだけ価値があるのではありません。
まずは好き嫌いせずに触れること、そしてその本の背景も含めて「読む」こと。

「面白かった!」と自信を持って言える、良い本と出合えるといいですね!

Nam et ipsa scientia potestas est.
---Bacon『Meditationes Sacrae, De Haeresibus』
  「なぜならば知識そのものは力であるから」

スポーツマネジメントコースで学ぶこと!

こんにちは、スポーツマネジメントコースの横井康博です。
今回で2度目の登板になります!!
前回は、現在生涯スポーツとして普及しつつある
『ニュースポーツ』について紹介しました。
今回は、本学のスポーツマネジメントコースの様子を紹介したいと思います。

まず授業の一環として先日実施されたスキー実習があります。
斑尾高原スキー場という長野県と新潟県の県境付近の場所で、
1月下旬から2月上旬にかけて2泊3日で行いました。
そこでは、スキーの技術を向上させるだけではなく
日頃、教室で学んでいる施設の管理・運営、
スキー場でのマナー、それに伴う安全管理なども学びます。
スタッフとしてコースの上級生も帯同するので、
コース内の縦や横の繋がりが密になり、
より大学生活が楽しくなります。

iphone_4005.jpg

さらに授業とは別に、
このコースの学生は学外イベントのお手伝いにも年に数回出向きます。
その一つが地元東海市の総合型地域スポーツクラブが主催する
「GOGOとうかい」への参加です。
ここでも日頃学んでいる知識や経験を生かし、
教員の援助なしに学生自らイベント参加者に接します。
普段あまり接することが無い小さいお子さんからお年寄りまで
幅広い方々にスポーツ・運動の楽しさを知って貰うお手伝いをします。
お手伝いしたコースの学生たちの話では、
「本当なら皆さんにお伝えする立場なのに、
逆に学ばせて貰える事が多くて楽しい」
「人に感謝されるとやり甲斐を感じる」など、
学内だけでは学べないことを多く感じることができるのが
スポーツマネジメントコースの面白味です。

iphone_3041.jpg