台湾 新竹県でのゴミ拾い(ボランティア活動)に参加して

こんにちは。国際センターの小林康男です。

2011・3・11から今年で3年が経過し、「負けるな東北」「ありがとう台湾」
というイベントが日本でも開催されていますが、台湾でも開催されています。

その一つが3月2日(日)に愛知県と台湾新竹県で同時にゴミ拾いをするというイベントでした。
名古屋にあるNGOアースが名古屋市内と台湾鉄道内湾駅周辺でゴミ拾いをしました。
NGOアースという団体は台湾で3年連続してゴミ拾い活動を続けていますが、
ユニークな所は、希望者は「ゴミ拾いレンジャー」として仮装をしてゴミ拾いをするところにあります。
私は星城大学4年の神野君と共にこのイベントに参加しました。
彼は弓道着を着、私はグリーンレンジャーの衣装に身を包み参加しました。

このイベントの台湾でのセレモニーを取り仕切ったのは、
大華科技大学の李右婷副学長と本学卒業生の林奕維君でした。
挨拶には台湾教育部長(文科大臣)蒋偉寧氏、新竹県知事邱鏡淳氏、
本学の提携大学大華科技大学石慶得学長を始め、地元青年会代表、NGOアース代表などが行い、
その後仮装団体の紹介があり、会場は大いに盛り上がりました。
写真撮影や団体の紹介が終るとゴミ拾いが始まりました。
内湾駅から二手に分かれ約1時間作業をして再び駅に戻り、ボランティア活動は終了しました。

3・11の東日本大震災を形骸化させないためにも、
このようなイベントが日本だけでなく、台湾でも開催される意義は、大きいと思いました。
また様々な機会にボランティア活動に取り組んでいる団体が沢山あることは、素晴らしいことです。
特に愛知県名古屋のNGOアースは活動歴が7年前からと聞いて、感激しました。
そしてこのようなボランテァイ団体がますます増え、お互い住みやすい地域にしたいと思いました。
なお、台湾で紹介されたこのイベントの記事をご覧ください。

この写真は3月2日(日)に台湾内湾駅近辺で行われたゴミ拾いの風景

shashin1.jpg

仮装をしてゴミ拾いをするアースのメンバーと、地元ボランティアの人たち

shashin2.jpg