2014年4月

1年生の授業の様子

こんにちは。経営学部の尾崎智です。

新入生が入学し、1ヶ月が経とうとしています。

本日は、1年生でスポーツマネジメントコースを将来希望しようとする学生の
「スポーツ実技Ⅰ(体操)」の授業の様子を紹介します。

この授業は、マット運動や跳び箱運動等の器械体操を実施する講義で、
今年は、約50名の学生が受講しています。
第3回目の授業では、マット運動の前転系、後転系の技を前時よりも高め、
さらに、ほん転系の各技に挑戦しました。
前方倒立回転跳びでは、初め着地がうまくいかず、しりもちをついていた学生も、
授業の最後では見事に決まり、満足そうな表情を浮かべていました。
この講義ではグループで互いに教え合ったり補助し合ったりして、
技の成功率を高めようと工夫しています。

dscn7862.jpgdscn7866.jpgdscn7882.jpg

授業後の学生の声を紹介します。

★藤村 尚弘君(富士学苑高校出身)
授業ごとに技の成長を感じて満足しています。
中学校や高等学校の時と比べてすごくうまくなった気がします。
みんなと楽しくやれてとても面白い授業です。

★原田 拓哉君(菊華高校出身)
周りのみんながとてもうまくてびっくりしました。
でも、みんなが教えてくれたり、友達の演技のよいところを見付けたりして、
自分に生かしています。自分自身もとても成長したように思います。

★澤田 樹君(愛知県立南陽高校出身)
僕は幼稚園から中学校まで体操部に入っていて、特に床運動は大好きでした。
ですから、この授業は体操の経験が生かせてとても面白いです。
先生も演技をほめてくださり、楽しくやっています。
これからはもっと友達にアドバイスして、グループのみんなが
うまくなるように心がけていきます。

部活動の紹介 ~現代亜細亜研究部の活動内容について~

こんにちは。経営学部で「中国語」を担当している日下部直美です。


星城大学には、運動系と文化系の部活・サークルがたくさんあります。
その中で、私が顧問をしている「現代亜細亜研究部」について、
ご紹介したいと思います。


現代亜細亜研究部は、アジアの文化に関心のある人が集まって
研究している部活です。
部員の中には留学生もいて、皆仲良く、楽しく活動しています。
活動は「中国語学習」と「研究発表」、「国際交流」を主に行っています。

「中国語学習」は、ほぼ週に一度行っています。
授業以外でも中国語を学びたい部員が集まり、熱心に取り組んでいます。
今まで中国語圏に留学した学生は全てこの現代亜細亜研究部の部員で、
留学前にも部活の中国語学習で勉強していました。
留学生活でも積極的に活動し、素晴らしい成長を遂げて帰ってきます。

「研究発表」は毎年、大学祭開催時に本学の留学生会と合同で行っています。
自分の関心のあるテーマを決め、それについて調査・研究した内容を発表します。
地域の方々もご参加くださり、部員の発表を興味深く聞いてくださいます。

「国際交流」は本学の留学生との交流、留学生会との相互協力を行っています。
また、学外の活動にも参加し、最近は栄で行われる「ワールド・コラボ・フェスタ」で
ブースを出すなどして、活動の範囲を広げています。


大学に入ったら何か新しいことをしたい人、仲間や友達を作りたい人は、
是非部活やサークルの活動に参加してください!


星城大学現代亜細亜研究部の基本情報、活動内容等はここをクリックしてください。