アメリカ留学レポート12(ディズニー)

こんにちは。英語と留学を担当しています経営学部のマーティン・スナイダーです。

星城大学の奨学金付き単位認定留学プログラム
1年間(2013年4月~2014年2月)アメリカの大学
University of Central Florida (UCF)へ留学した学生の
マンスリーレポート(留学体験談)を元に報告します。
1年間の成長の跡が見えますので、楽しみにしてください。

2013年5月の牧野亮平君のレポートより


授業の進め方が分かってきて要領よくやれるようになりました。
ただ、自分自身のボキャブラリーの少なさのため、
授業に支障をきたすときもありますが、私が理解していないと分かると、
先生が分かり易くユックリと話して下さり、とても助けてもらっています。
また、テストが毎週あり、
始まった当初は少し大変でしたが今はなんとかやっていけています。


タイの人たちが新しく友達になり、その中の一人が、
とても分かり易い英語を話してくれたり、
他の人との話しを分かり易く言い直してくれ、
今まで聞き取れなかったものが少しずつ理解できるようになりました。
他にもspeakingの合同授業で知り合ったスパニッシュのご婦人の方が、
時々先生になってくれます。
また、ルームメイトの友達が来たり泊まったりするので、
アメリカの人達と触れ合う機会は非常に多くなっています。
ただ、ルームメイトは割とゆっくり話してくれるのですが、
初めて会う人は早いので聞き取るのに精一杯で、
うまく会話を返せないのが自分の課題だと思っています。


最近CMMSの企画でディズニーに2回行きました。
Epcotとanimal kingdomの2箇所でとても楽しい時間がすごせました。
残りの3箇と、もう一つの大きなテーマパークの
ユニバーサルにもぜひ行ってみたいと思います。
また、ルームメイトの友達の誕生日パーティーに行きました。
アメリカ式を生で体験できたのは貴重な体験だと思いました。


寮の生活もだいぶ慣れてきて、
忙しいですが時間を見つけて必要な物を調達しようと思っていますが、
もう少しすると夏休みです。
何をしようか迷っています。