アメリカ留学レポート59(Japan festivalと将来設計 )

こんにちは。経営学部で英語と留学を担当していますマーティン・スナイダーです。

星城大学の奨学金付き単位認定留学プログラム
1年間(2014年4月~2015年2月)アメリカの大学
University of Central Florida (UCF)へ留学した学生の
マンスリーレポート(留学体験談)を元にシリーズで報告します。
1年間の学生の成長の跡が見えますので、楽しみにしてください。
6人目の中村隆允君を報告していきます。

2014年10月の中村隆允のレポートより


アメリカ生活も残り4か月になりましたが、実感がまだありません。
でも、吸収できることはすべて試して、精一杯頑張りたいと思います。

今月から新しい学期が始まりました。
2Aに上がってreadingとwritingを難しく感じ、予習と復習が欠かせません。
また分からないところは名短の友達に聞いて頑張っています。
CMMSでは、ハロウィンパティーが今月あり、皆仮装する計画をしています。


CMMSのイベントでユニバーサルスタジオフロリダに行って来ました。
初めてのユニバーサルで、ハリーポッターが見られてかなり盛り上がりました。
どれも絶叫系のアトラクションばっかりだったので、
ジェットコースターの苦手な自分にとっては、かなり頑張ったと思います。
アラブ、スパニッシュなどの友達と一緒で、
インターナショナルなグループで楽しかったです。
今まではあまり遊園地に興味がありませんでしたが、
ユニバーサルやディズニー行きたくなりました。

1410shashin1.jpg


最近、寒暖の差が激しいので、服選びが大変で、健康に気をつけています。
よくスケボーの集まりに参加しいて、友達が増え、
仲良くなった友達とご飯に行ったり、筋トレをしています。
また、今までヨガの基礎コースをやっていましたが、
標準クラスにレベルが上がりました。
この調子でヨガを頑張り、健康を維持したいと思います。

寮では、ルームメイトが食器やフライパンなど洗わないので困っていましたが、
今では、みんなで役割を決めてやっています。
自炊を毎日しているので、料理もかなりできるようになり、
野菜をできるだけ摂るようにしています。
先日、名短の友達と日本料理を作り、
親子丼と野菜スープとポテサラとサラダと、かなり豪華な夕飯になりました。
自分が作るご飯より美味しかったです。
ルームメイトにもあげたところ、とても喜んでくれ、
日本食の評判が上がった気がします。
また、ルームメイトがメキシカン料理の作り方を教えてくれたので、
今度は自分で作ってみようと思っています。

1410shashin2.jpg


今月Japan festivalがありました。
日本の文化がアメリカで紹介してもらえることが嬉しかったです。
それだけ日本の文化が海外に好まれていると感じました。
最近では、この日本の文化を使ってうまくビジネスに繋げられないかと考えてます。
2020年には、東京オリンピックもあるので、自分の将来のためにも、
このアメリカでビジネスにできる材料を見つけたいと思います。
東京オリンピックで経済的にも変わるので、このチャンスを逃さないように、
自分なりの将来設計を立てます。
かなりいい刺激になりました。
wi-fiが部屋で使えない時があるので、スナイダー先生と週1回話し合う時は、
ナイトサークルのオフィスではwi-fiが使えるので、そこでスカイプしています。