自分の夢の実現に向けて

こんにちは。経営学部の加藤幹根です。

 梅雨の声を耳にし、4年生は企業訪問へと、本格的に自分の夢の実現に向けて東奔西走しています。経営学部の教員を目指す4年生も、自分の夢を手にするために教育実習に望みました。
 母校の高校や中学校での実習は、『先生』と呼ばれるこそばゆさと、『先生』と呼ばれる緊張感とで複雑な気持ちで臨みました。3週間の実習を終え、様々な貴重な体験をし、一回り大きくなった学生からはいろいろな反省が聞かれました。
 まずは、教員の仕事の大変さを肌身で感じてきました。教材研究や生徒指導、部活動の指導等と寝る時間もないほどの忙しさは、どの学生も口をそろえて言っていました。
 また、生徒から一人前の先生と見られることによる戸惑いと、生徒との人間関係や教職員との人間関係を築く難しさにも体験し、社会の厳しさを実感してきました。
 しかし、教育実習の大変さを経験してきた学生たちは、教員の道を変えようとするものは一人も見られず、それどころか、ほとんどが教員になりたい気持ちをさらに強くしていました。ここには、自分の夢に向けて着実に歩む学生の成長を見ることができました。

20160720加藤幹根先生.jpg