2017年1月11日

熊本支援ボランティアⅠ

こんにちは。経営学部の小川純子です。

 教職課程を担当し、後期にはボランティア演習という授業を行っています。
 2016年(平成28年)4月14日21時26分、続いて4月16日未明には震度7を観測する地震が発生しました。熊本地震です。自分がボランティア演習という授業を担当しているからではありませんが、被災地のことがずっと気にかかっていました。機会があって、知り合いの方から「発達障害のある子ども・家族のための遊びの会」のボランティアに声をかけていただきました。もう8月の初めのことですが、12月にやっと行くことができました。その報告をさせていただきます。一部学生からもボランティアに行きたいという希望が出され心強く思いましたが、行くことを決めた直後に阿蘇の噴火もありましたので、一度自分の目で確認して来ようと思い、今回は一人で出かけていきました。
 では、「熊本支援ボランティアⅠ」は熊本で体験してきた「発達障害のある子ども・家族のための遊びの会」の様子です。

「発達障害のある子ども・家族のための遊びの会」の日程と様子
子ども <きょうだい児も参加OK)>
10:00 集合 開会式
10:10 楽しい遊びがたくさん  

① 移動水族館
  魚に触ることもできました。
熊本支援ボランティアⅠ1.jpg

② 魚つりゲーム
  じしゃくのついたつり竿で紙の魚を釣りました。
熊本支援ボランティアⅠ2.jpg

② 作って遊ぼう
 「こんにちはサンタ」「びっくりおばけ」「ぱくぱくサンタ」「かみざらこま」
 「かみコップけんだま」「かみざらフリスビー」などを作って遊びました。
熊本支援ボランティアⅠ3.jpg

熊本支援ボランティアⅠ4.jpg

12:00 昼食 
13:00 自由時間
14:00 閉会式
※保護者の方は ①ミニ講義 講師:辻井正次(中京大学)②希望者個別相談会