中国・台湾留学レポート18(ドラゴンボートフェスティバル)

こんにちは。経営学部で国際ビジネスと留学を担当しています盧聰明です。

星城大学の奨学金付き単位認定留学プログラム
1年間(2014年2月~2015年1月)台湾の真理大学へ留学している学生の
マンスリーレポート(留学体験談)を元にシリーズで報告しています。
1年間の学生の成長の跡が見えますので、楽しみにしてください。
今回は御厨凌の第8話です。

2014年5月御厨凌君のレポートより。


今月は台湾の友人の誕生日がありました。
誕生日に顔面クリームという祝い方がありますが、
台湾では生クリームではなく髭剃りに使うクリームを使ってお祝いしました。
友人になぜ生クリームじゃないのか聞いたら、臭くなるから使わないそうです。
真理大学にいると時々そういった光景を見かけます。


話は変わりますが5月の31日から6月の6日の間、
ドラゴンボートフェスティバルというお祭りが開かれていました。
淡水の老街では毎日爆竹が鳴って壮大にお祝いしていました。
ドラゴンボートフェスティバルではを食べる習慣があり、
学校で粽を配っていたので、僕ももらって食べましたが、
とても美味しくて、さすが台湾の食べ物だなと思いました。
しかし残念なことにお祭りの目玉のボートのレースを、
時間の関係などで見逃してしまいました。
見たかったので、とても残念でした。

先週MRTという台湾の鉄道で大きな事件があり、とても大きな騒ぎになりました
この事件は日本でも時々あるような無差別殺人です。
友人に聞いたところ、こういった事件は台湾に無く、とても怖がっていました。
メディアでも毎日報道されていて、大きな事件だと言うことを実感させられます。
こちらのニュースは日本とは違い、犯行直後の血生臭い映像など、
日本では映さないようなところまで映すので、少し驚きました。
その事件の後から、MRTの中で多くの警察官が警備をしています。
MRTの中まで見回っている徹底ぶりにとても驚きました。
そのお蔭で台湾の人は皆安心だと言っていました。
台湾は本当にすごいと感じました。


今回台湾で起きたような事件が自分の近くで起きたらと思うと、とても怖いです。
せっかく留学で来ているのに、事件で怪我や死んでしまってはいやなので、
事件に巻き込まれないように生きてきたいです。

アメリカ留学レポート20(韓国から日本そしてアメリカへ)

こんにちは。経営学部で英語と留学を担当していますマーティン・スナイダーです。

星城大学の奨学金付き単位認定留学プログラム
1年間(2014年4月~2015年2月)アメリカの大学
University of Central Florida (UCF)へ留学した学生の
マンスリーレポート(留学体験談)を元にシリーズで報告します。
1年間の学生の成長の跡が見えますので、楽しみにしてください。
今回から3・4・5人目の3人を並行して報告していきます。
3人目はユン・ジヒョンさんで韓国から星城大学に留学している学生です。

2014年4月のユン・ジヒョンさんのレポートより


アメリカに来てまだ1週間程。4月24日に授業が始まった。
CMMS の授業が始まる前に入学する全ての学生たちがレベルテストを受け、
私は初歩より1つ上の2Aのクラスとなった。
リスニング、トーキング、リーディング、スピーキングの4つの科目に分けられ、
授業は全部英語で進行される。

1404shashin1.jpg


はとても綺麗で快適で住みやすい。
ベッド・机・トイレ付きの個室が4つあり、
4人でキッチンとリビングを共有する構造になっている。
私のグループは3人のルームメートが全てアメリカ人で、
寮に入って最初、洗濯機や厨房機器の使い方がわからなくて、
ルームメイトに英語で聞かなければならなかった。
皆親切に一つ一つ説明してくれ、聞きながらルームメイトと親しくなることができた。
ルームメイトやその友達とも仲良くなって、リビングで一緒に囲んで座って話をしたりしている。
日本アニメに関心がある友達には、持って来たアニメ本をプレゼントした。
アメリカ人と日常的に英語で話しをすることができ、英語の力が付くと思った。

1404shashin3.jpg

フロリダは暖かいにもかかわらず、最初、私はひどい風邪を引いてしまった。
しかし、寮の横にある薬局に行って薬を買って飲んで治った。
米国で薬の買い方を知ることができて良い経験だった。


UCFのキャンパスには、学生達が勉強や話をするために用意された空間が整っており、
私は授業が終わったら学校図書館またはキャンパスの中にあるスターバックスで勉強をしている。

1404shashin2.jpg

英語をもっと上手になりたい。
今は英語の実力が不足していて、とても簡単な問題なのに解決できない時があった。
例えば家賃を支払わなければならないのに、クレジットカードを使えなくて本当に困った。
こんな時に英語がうまく通じればいいのにと思った。
もっと頑張って勉強して問題が生じた時自ら解決できるよう努力したい。

中国・台湾留学レポート17(千と千尋の神隠し)

こんにちは。経営学部で国際ビジネスと留学を担当しています盧聰明です。

星城大学の奨学金付き単位認定留学プログラム
1年間(2014年2月~2015年1月)台湾の真理大学へ留学している学生の
マンスリーレポート(留学体験談)を元にシリーズで報告しています。
1年間の学生の成長の跡が見えますので、楽しみにしてください。
今回は御厨凌の第7話です。

2014年5月御厨凌君のレポートより。


今月日本にいた時から行ってみたかった九份(キューフン)
台湾の友人と行く機会があったので行って来ました。
九份への行き方はバス、電車、タクシー、などいろいろありますが、
観光客はバスか電車だと思います。
台北から九份までタクシーを使ってしまうとかなり高額になってしまうからです。
僕らも九份まで電車で行きました。
電車は台北でよく使われているMRTではなく、
日本の電車によく似た形の電車で、内装もJRのような内装で、
少し日本にいるような感覚になりました。
九份までには侯硐(ホウトン)といった猫が沢山いる観光スポットもあり、
僕らが行った時も沢山の人と沢山の猫がいました。
台北から九份まではだいたい台湾鉄道で1時間30分程かかり、
瑞芳(ルイファン)という九份の最寄の駅に着きます。
そこからはタクシーかバスを使って九份のある山の上まで行きます。
九份は千と千尋の神隠しのモデルになった場所だという噂もありますが、
実際に行ってみて、確かに町並みはモデルにしたのではないのかと思う程で、
赤い提灯の感じや細い道、ずらりと並ぶお店の数など、雰囲気がそっくりでした。
九份の古い町並みは山の上にあるので、そこから見る景色もとても良かったです。
九份には台湾にいる間に何度か行って、もっとゆっくり見てみたいと思いました。

1405shashin1.jpg

台湾では5月の10日過ぎた頃から梅雨に入ったらしく、雨が降る日が続きました。
日本でも梅雨の時期はジメジメしていますが、台湾は湿気が多いだけではなく、
雨が降ると、それと同時に風が強くなり、気温も急に下がります。
そのせいか、今月は体調が優れない日がしばしばあり、
授業に集中できない日もありました。
寮ではシャワールームの湿気が逃げにくく、部屋が湿っぽくなってしまうので、
エアコンで除湿をしたり、湿気取りを置くなど工夫して、体調管理しています。
台湾でもゲリラ豪雨みたいな雨の降り方をしますが、
日本と違い、降った雨がなかなか止まずにそのまま降り続けます。
いつも寝る前に天気予報で次の日の天気を確認するのですが、あまり当たりません。
台湾の人は皆折りたたみの傘を携帯しているので、急な雨にも対処できていますが、
僕らは始めての台湾での梅雨なので対処仕切れませんでした。
4ヶ月が経とうとしている今でも、いろいろ日本との違いを感じ、驚かされています。

オーストラリア留学レポート1(中国から日本そしてオーストラリアへ)

こんにちは。経営学部で英語と留学を担当していますマーティン・スナイダーです。

星城大学の単位認定留学プログラムの内、
新しく始まるオーストラリアの語学研修+有給インターンシップで
(2014年6月~2015年2月)の1年間留学した学生の
レポート(留学体験談)を元に報告します。
このプログラムで留学すれば、留学に掛かる費用を、
インターンシップの給与でほとんど賄うことができます。
報告を楽しみにしてください。

今回は、魏 涛(ギ トウ)さんで中国から星城大学に留学している男子学生です。


オーストラリアに来てからまもなくで3ヶ月になります。
色々な感想を紹介します。

南半球にあるオーストラリアの季節は日本と逆です。
私が来た6月は冬で、ここの冬は雪がないのでちょっと寂しいです。
日本程寒くはないですが、でも寒いです。
また、シドニーは雨があまり降りませんが、海が近いので乾燥していません。


現在私はシドニーの中心部であるCITYにある英語学校に入っています。
この学校で3ヵ月間英語の勉強をします。
授業は毎週月火水木しかないので、
金土日は学校の友達や外で知り合った友達と、遊んだり飲んだりしています。
学校の先生は優しく、授業の内容も豊富です。
一番良いのはクラスに色々な国からの学生がいて、
ブラジル、イタリア、スペイン、アイルランド、ドイツ、コロンビア、
メキシコ、タイ、韓国、日本と、とてもインターナショナルです。
中国人は私一人しかいません。

shashin2.jpg

ここの生活はとても豊ですが、日本とも違います。
ここの人は皆オープンで、道で会った人とでも、
握手とか、抱くとかが、一般の挨拶として使われています。
オーストラリアでは友達作りがとても速く進みます。
しかし、短期で来る人が多くて分かれることも多いです。
週末にはビーチに行くのがメインです。
オーストラリアのビーチはとても綺麗で、BBQをよくしています。
ビーチと公園の中に電気のBBQ機器があり、24時間無料で使え、
食料だけ準備すればオーケーです。
オーストラリア人はBBQが大好きなので、
BBQをする時に色々な友達を作ることができます。
海とビーチとBBQを楽しみながら、色んな外国人と話して、
異文化交流ができ、とても快適だと思います。
英語だけじゃなくて色んな国の人がいるから
いろいろな国の言葉も学ぶこともできます。
私は今英語以外に韓国語を学んでいます。
違う国の人と会って言葉をチェンジできるのが
すごく奇妙な感じでもあります。。。

shashin4.jpg

週末の夜、大勢の人がPUBに行きます。
これもオーストラリア文化の一部分だと思います。
オーストラリアではお酒を買う場合は、
専門のBottle Shopに行かなければなりません。
しかも、10時過ぎたらお酒を売る事が法律で禁止されています。
また、公共の場所(道路なども)では原則飲酒は違法行為となります。


オーストラリアは多文化主義政策をとっていますから、
人々はとてもフレンドリーです。
今、私はshare houseに住んでいます。
それは、すごくいい異文化との接触チャンスだと思っています。
ルームメートはそれぞれ違う国から来たので、
英語は唯一の共通言語になっています。
言葉だけではなく、食事文化の交流が常にあります。
ここで私は本番のイタリアパスタとコーヒー、フランスパンとチーズ、
ベルギーケーキなど楽しんでいます。

shashin7.jpg

最後に、学校のコースについて紹介したいと思います。
学校には初級、中級、中上級、上級、会話、大学対策などのクラスがあります。
英語ができなくても初級から学ぶこともできます。
英語の良い環境があるから、心配せずに勉強できます。
オーストラリアは昔イギリスの植民地でしたから、
学校の建物などイギリス風で、すごく綺麗です。
また、このプログラムでの対応はすごくいいです。
色々考えていただき、すごく助けられ、安心できます。

shashin8.jpg

来年の2月中旬ぐらいに日本に戻ります。
それまで残りの半年を勉強しながらエンジョイしたいと思います。

shashin1.jpg

アメリカ留学レポート19(1年を振り返って)

こんにちは。英語と留学を担当しています経営学部のマーティン・スナイダーです。

星城大学の奨学金付き単位認定留学プログラム
1年間(2013年4月~2014年2月)アメリカの大学
University of Central Florida (UCF)へ留学した学生の
マンスリーレポート(留学体験談)を元に報告します。

今回は1年間を振り返ってのレポートです。
大きく成長した彼を見てください。

2013年3月帰国後の牧野亮平君のレポートより


語学学校CMMSの授業は、月~金の週5日、朝から昼過ぎまで。
授業のサイクルは、3日授業で小テスト、後日中テスト、
1.5ヶ月×2回が1セメスタ(学期)でその最後に3日間大きなテストをやり、休み。
一年間その繰り返しでした。
この留学では4~7月、9~12月、1・2月の2セメスタと半セメスタを
アメリカで過ごしたことになります。
セメスタの合間や祝日、学校の休みの日にCMMSの行事。
夏休み、冬休み等にアメリカの行事に参加しながらの10ヵ月でした。
アメリカの祝日は日本程多くはありませんが、
クリスマスやハロウィンなどは日本とは違い、国を挙げての行事でした。
キング牧師の日というものもあり、日本人の私としては非常に珍しい祝日でした。


先生はアメリカ人で授業は全て英語、教えてもらう先生を自分で選ぶことが出来る。
授業内容は先生により千差万別。


学校の授業は最初本当に難しく、全てが英語、
辞書を片手にいつも調べながら受けていました。
文法が私は苦手だったのですが、授業を受けるにつれやり方が分り、
最初は1Aでしたが、最後は3Bに行くことが出来ました。
最後まで難しかったのはReadingで、
英文を瞬時に頭で切り替えて読むことは最後まで出来ませんでしたが、
いい経験が出来たと思います。


アメリカの文化は日本と大きく違い、日本に戻ってきたときに感じたことは、
日本では全ての人が常に忙しく、他人に無関心だと感じてしまいました。
アメリカでは見ず知らずの人が話しかけてきたり、その場で世間話しをしたりと、
国の違いを日本に戻ってきてから感じました。


留学しての一番の成果は、様々な国の人達との交流や経験です。
今でも連絡を取り合っています。
他には家事や料理、これから独り立ちをして行く上で必要となるスキルを、
少なからず磨けたと思います。
機会があるのなら、また海外に出てみたいと考えています。


本当に、親、担当の先生、高校の担任、お世話になったたくさんの人、
皆さんに感謝しています。

中国・台湾留学レポート16(宜蘭)

こんにちは。経営学部で国際ビジネスと留学を担当しています盧聰明です。

星城大学の奨学金付き単位認定留学プログラム
1年間(2014年2月~2015年1月)台湾の真理大学へ留学している学生の
マンスリーレポート(留学体験談)を元にシリーズで報告しています。
1年間の学生の成長の跡が見えますので、楽しみにしてください。
今回は御厨凌の第6話です。

2014年4月御厨凌君のレポートより。


春休みに真理大学の日本語学科の学生と宜蘭(イーラン)に2泊3日で旅行に行きました。
宜蘭は温泉で有名と聞いていたのですが、今回は温泉に行かずそれ以外の観光地に行きました。
宜蘭では、バス等の交通機関が無くとても不便ということで、行動はすべて原付でした。
しかし僕は免許がなかったので、無くても乗れる電気バイクを借りました。


宜蘭に行ったことで、新しい体験をすることができました。
特に日本人と台湾人の国民性の違いにはほんとに驚きました。
日本人は一人の時間を大事にしたり、皆でいても一人ひとりで違うことをする場合がありますが、
台湾では皆でいる時は皆で同じことをするのがあたりまえみたいです。
人間関係には敏感な日本人には辛い時があるかもしれませんね。


寮の周りは土日になるといつも食べに行っている店がほとんど閉まっていて、
新しいお店を探すのですが、新しいお店に行くと絶対に「日本人か?」と聞かれます。
「日本人だ」と言うと「やっぱり」見たいな感じになります。
もっと勉強して「やっぱり」って思われないようにしていきたいです。


近頃、台湾での食事にも慣れ、時々日本料理屋さんを探しに行くのですが、
日本料理屋であっても、味が薄く、まったく違う味です。
また値段はとても高く、この値段でこの味になるのかという感じです。


インターネットで日本料理屋を調べると、
日本の飲食店の海外進出のことに関しての記事をよく見かけます。
この前は丸亀製麺が台湾に一号店をオープンさせました。
価格は日本とだいたい一緒で、うどん一杯230円から(台湾元で69元)から食べられます。
そのほかにも、天ぷらもあり、メニューも台湾限定のもの意外は日本と同じでした。
しかし、日本ではとても安く美味しく食べられる丸亀製麺のうどんですが、
台湾で生活していると少し高めの価格設定なのかなと感じます。
台湾では贅沢さえしなければ69元もあればご飯はお腹一杯食べられます。
丸亀製麺では素うどんが69元なので、
天ぷらや違ううどんを食べたら直ぐに200元程になってしまいます。
これを考えると、あまり頻繁にうどんを食べられない気がします。
日本人からしたら手ごろな感覚のあるうどんですが、
台湾では少し高価な食べ物なのではないでしょうか。
人件費が日本と比べて安い台湾でなら、
もう少し価格を落として、身近な感じにした方が良いのではないかと思います。
今は日本のうどん屋さんだから人気がとてもありますが、
熱が冷めた時にどれだけのお客が残るかが勝負だと思います。

1404shashin1.jpg

留学のすすめ―グローバルを体感するために―

皆さんこんにちは。経営学部の加藤 知子です。


写真に写っているのは、2014年開催のソチオリンピック前に、
カナダの友人から送られたTシャツです。


CANADA、SAPPOROの文字や日の丸がありますよ?


これは、1972年開催の札幌オリンピックの際、
カナダ選手が着たであろうTシャツの復刻版です。
縫製は中国。グローバルだなあ!と思いませんか。


この友人とは、私は英国留学中に出会いました。
グローバル人になるには、日本から出てグローバルな現実に触れることが近道。


星城大学留学制度を利用して、皆さんもグローバル体感のため旅立っては如何でしょうか。

katou20140917.jpg

アメリカ留学レポート18(ルームメイト)

こんにちは。英語と留学を担当しています経営学部のマーティン・スナイダーです。

星城大学の奨学金付き単位認定留学プログラム
1年間(2013年4月~2014年2月)アメリカの大学
University of Central Florida (UCF)へ留学した学生の
マンスリーレポート(留学体験談)を元に報告します。
1年間の成長の跡が見えますので、楽しみにしてください。

2013年12月の牧野亮平君のレポートより


CMMSが冬休みになり教科書を使った勉強はしませんでしたが、
その分、買い物、テレビ、友達との会話などをたくさん行いました。


最近、アメリカの運転免許証を記念に取って帰りたいと思っています。
日本の免許を持っているので大体分るつもりですが、
友達が貸してくれたテキストはもちろん全部英語で、
内容も日本とは違い、理解するのに時間がかかりそうです。


フロリダとはいえ少し寒くなってきて、
薄着で外に出るのはキツイ日が続いています。
そのため風邪の引き始めの状態が少し続きましたが、
大事に至らなかったのが幸いでした。
友人は、何人かが学校を変えたり、国に帰ったりして、
半分くらいになってしまいましたが、
CMMSのメンバーはほぼ変わらず、次学期のクラスも同じだったので、
残りの月を楽しめそうです。


引っ越して行ったのルームメイトからTVを貰い、
アメリカのコメディーやドラマなどが見られるようになりました。
ただ、やっぱり仲良くなったルームメイトがいなくなり、
とても寂しいです。
私自身も帰る日を決めたので、
残りの日は悔いが残らないように生活できたらと思っています。


クリスマスはルームメイトの親戚の家で過ごし楽しかったですが、
年末年始は、皆里帰りしてしまい、少し退屈な日々を過ごしていました。


クリスマスでは、商品の売り出しの速さと、
それを買っていくアメリカ人の多さと、買う量にはビックリしました。
またクリスマスが終わると同時に、
お正月商品に入れ替わり、そのスピードにも驚かされました。
アメリカのお正月の主な商品が花火というのは、日本と大違いですが、
年越しの後のセールで、日本同様さまざまなものが安売りされて、
75%オフまで落ちる商品もあり、
年越しの安売りの文化は日米共通なのかも知れません。


残り1ヶ月と数週間、名残惜しいですが、
悔いの残らないように過ごそうと思っています。

中国・台湾留学レポート15(夏)

こんにちは。経営学部で国際ビジネスと留学を担当しています盧聰明です。

星城大学の奨学金付き単位認定留学プログラム
1年間(2014年2月~2015年1月)台湾の真理大学へ留学している学生の
マンスリーレポート(留学体験談)を元にシリーズで報告しています。
1年間の学生の成長の跡が見えますので、楽しみにしてください。
今回は御厨凌の第5話です。

2014年4月御厨凌君のレポートより。


今月は中間テストがありました。
テストは火曜日から金曜日の授業ごとにあり、
火曜日と木曜日の授業では聞き取りをやっているので聞き取りのテストでした。
テスト内容は中国語で聞かれたことにしっかりと聞き取って、
ちゃんとした内容で返せるかというもので、
先生は中間テストなので簡単ですと言ってましたが、とても難しかったです。
水曜日と木曜日のテストでは中国語を書く勉強をしているので、書くテストでした。
僕はどちらかといえば、聞くより書く方ができるはずだったのですが、
全く分かりませんでした。
特に四声を書く問題は発音が苦手なので全く分かりませんでした。
そして、最後の問題は作文を書く問題で作文は文法も必要なので、
なかなか難しかったです。
勉強の為に、これから日記を書いていこうと思っています。


台湾には本格的に夏が来たみたいで、最近は暑い日が続いています。
同じ寮の台湾人に、「なんでクーラーを使わないのか、
日本人はお金持ちが多いと聞くが、もしかしてお前は貧乏なのか」
と聞かれてとてもびっくりしました。
思ったことをズバッと聞いてくるのは、日本ではあまり経験できないので、
台湾にいることを実感しました。
返事には、まだまだ夏ではないからといったら納得してくれました。
同じ部屋の台湾人の学生は日本語を勉強したいらしく、
友達を連れてきて日本語を教えろといってくるのですが、
ずっと一緒にいて、勉強や一人の時間が無くなってしまうので、
かなり辛い時があります。
同じ空間にいれば同じことをやるという台湾人と、
別々のことをやる日本人の違いだなとほんとに感じます。
これは台湾にいるので諦めなくてはならないのかな、と思います。


学校の休みの日にはほぼバスケットボールをしているのですが、
毎日バスケをしているにも関わらず毎回違う言葉でバスケに誘われるので、
何を言っているのか全く分かりません。
台湾では毎日、子供からお父さん世代まで、多くの人がバスケをやっています。
土日になれば順番待ちになるくらい多くの人がバスケをやりにきます。


最近、覚えた中国語を忘れていっている気がします。
覚えても使えてないのでちゃんと覚えているか心配です。
ほんとに勉強できているのか不安です。
もうすぐ3ヶ月なので帰るまでにできるようになっているか心配です。

アメリカ留学レポート17(クリスマス)

こんにちは。英語と留学を担当しています経営学部のマーティン・スナイダーです。

星城大学の奨学金付き単位認定留学プログラム
1年間(2013年4月~2014年2月)アメリカの大学
University of Central Florida (UCF)へ留学した学生の
マンスリーレポート(留学体験談)を元に報告します。
1年間の成長の跡が見えますので、楽しみにしてください。

2013年11月の牧野亮平君のレポートより


今セメスタも残すところ数日となりましたが、
授業ではなかなかうまくいきませんでした。
アメリカに来て一番ひどい結果になっているかも知れません。
ただ友人関係ではいい関係や新しい出会いなどがあったので、
プラスになった月でした。


11月は私が使用している自転車がパンクしてしまい、
直してはパンクを3,4回ほど繰り返してしまい、
無駄にお金を使ってしまったのと、
ルームメイトに2度目のパンクを直すのを手伝ってもらったりと大変でした。
また、パンクのたびにチューブを買いに行っていたのですが、
在庫が無くなってしまい店員さんに何時入荷するのか聞いても
「明日か明後日には入荷する」としか言わず、
言われるままに行っても入荷してなかったので、
マウンテンバイクが1台日本円で1万円なら割と安いと思い、
2代目の自転車を買いました。
自転車を買うときに値下げ交渉をしたのですが、
マネージャーがいないから無理と一蹴されてしまい、いい経験が出来ました。
ただ、その時の店員さんもとても親切な方で、
私のつたない英語に対応をしてくださいました。


先日ハロウィンが終わったと思ったら、
すぐにThanksgivingの模様替えが町全体で行われ、
終わった次の日からはクリスマスに向けた商品などが売られ、
町全体もクリスマスモードに入るという、
アメリカ人の切り替えの早さには驚きました。


Thanksgivingでは、ルームメイトの家に招待してもらえたので、
アメリカンな日を過ごすことが出来ました。
ただ彼の家は人が多いためか、ターキーの丸焼きではなく、
とても大きな鳥の煮込みみたいな物や、
日本ではまず食べることが出来ない物が沢山ありました。
それにアメリカ人のリアル「アーメン」が
聞けるとは思っていなかったので、聞けてよかったです。


別れが近づき寂しくなってきました。
また、アメリカで20歳を迎えることが出来ました。