経営学の技術 Feed

中国トルファン盆地のカレーズを見たい!

みなさん、こんにちは。暑い日が続きますね。
経営学部の松原 隆治です。


今回は、私の研究の一つを紹介させていただきます。


1998年に知多市教育委員会からの依頼で、
平安時代末期の窯跡の発掘調査を行いました。
このとき、窯跡近くで横穴を見つけました。
これは地元でマンボと呼ばれる
農業用(飲料水用、酒の仕込み水用もあり)の地下水路でした。


その一例は、半田市博物館の駐輪場の片隅に保存されています。
三重県の鈴鹿山麓にはかなりの数のマンボが残り、
現在も利用されています。


知多半島では、農業用の地下水路だけでなく、
トンネルや亜炭採掘をした坑道もマンボと呼んでいました。

世界遺産登録された島根県の石見銀山の坑道が
間風・間歩(マブ)と呼ばれていますが、
マンボも語源は同じだと考えられます。


知多半島のマンボは明治期に掘削されたものです。
しかしマンボの掘削技術は、
斉明天皇の頃(7世紀後半)に大陸からやってきた
技術者によってもたらされた可能性があります。


斉明天皇は狂心渠(たぶれごころのみぞ)といわれる
大規模な運河を掘削させたようですから。
明日香に残る多くの石造物もこのころのものだそうです。


マンボの起源は
中国の新疆ウイグル自治区トルファン盆地に残るカレーズ
さらには西方のイランでカナートと呼ばれる
地下水路だという説があります。
今年の夏にはトルファン盆地へ行って
カレーズを見てこようと考えています。


マンボはため池に伴う構造物ですが、
愛知用水完成以後は、ため池とともに存在価値がなくなり、
埋め立てられて、次第に姿を消しています。


知多半島にもわずかに残るマンボの記録を残し、
良好な状態のものは農業土木遺産として管理し、
後世に伝えることが重要だと考えています。

リアルとデジタルのコラボ ~ゲームが変える世界~

こんにちは。経営学部IT経営コースの野村淳一です。


ゲームがバーチャル世界を飛び出し、私たちのリアルな暮らしを変えようとしている、
と言ったら皆さんはどう思われますか?

面白いゲームを夢中になってプレイして、寝不足になったり、
両親に叱られたりした経験は誰しもあるでしょう。

ゲームには、プレイヤーを夢中にさせる仕組みが、巧妙に隠れています。
そんな人を夢中にさせるゲームの仕組みを、現実世界の勉強や仕事に取り入れて、
ちょっと嫌なことでも進んで取り組めるようにしたい。
日常生活をゲーム化するこのような取り組みを「ゲーミフィケーション」と呼んでいます。

photo_4.jpg

何か良い行動(サービス)をした時に、すぐに結果(カード)として返ってくる。
ゲームでは、プレイヤーが操作すると、それに反応してキャラクターが敵を倒したり、
スコアがアップしたり、結果をすぐに見ることができます。

このディズニーリゾートのケースでは、
マネジャーがカードを手渡すことによって、
キャストは自分のした行動の結果をすぐに受け取ることができ、
自然によいサービスを継続して行おうという気持ちで働くことができます。


また、身近なところでは、
回転寿司のくら寿司に設置されているビッくらポン!があります。

これはすし皿5枚で1回チャレンジできるゲームとなっていて、
多くのお客さんは5の倍数になるように注文します。
さらに、すし皿をお客さんが自ら洗浄レーンに投入するので、
従業員が片付ける手間も省け、
売上増と費用減を同時に達成できるうまい仕組みとなっています。

photo_5.jpg
たとえば、東京ディズニーリゾートではキャスト(アルバイト)が良いサービスを行った時に、
すかさずマネジャーがカードを手渡します。
このカードを集めると記念品と交換できたり、
優秀なキャストしか参加できないパーティに招待されたりといった、
ご褒美がもらえます。

この授業では、PSPやスマートフォンなどで市販されている
経営シミュレーションゲームをプレイして、
経営学部で学習している経営理論が本当に正しいのか、
ゲーム内の状況を解決できる理論はなにか、
といったことを楽しく身につけることができます。


詳しくは、6月14日から始まるオープンキャンパスや、
7月22日の夢ナビライブにお越しください。

日商簿記合格をめざそう!

こんにちは。会計・ファイナンスコースの鈴木愛一郎です。


昨年から簿記の授業を開講しましたが、
初めての人の中には難しいと思った人もいたようでした。
しかし、簿記は定型パターンの習得に尽きますので、
繰り返し復習すれば、確実に身に付く科目です。

内容的には貸借対照表や損益計算書などの財務諸表の作成技術なのですが、
会社のお金の処理の基本的な仕組みがわかるので、簿記は将来、
どんな分野の仕事をするとしても役に立つと思います。
もちろん、経理部の仕事を目指すなら必須です。

会社が公表している財務諸表を見ると、
何か、数字ばっかりたくさん並んでる、という印象ですが、
実はその数字の1つ1つが、公表値になるまで長いプロセスを経ており、
重たい意味を持っています。


今日は4年ゼミ生で、簿記資格(日商簿記)を取得した
江崎将都君とエンレイブンさん(中国人留学生)に
インタビューしました。

質問項目は以下の5項目。
①知識ゼロから合格までの期間は? 
②1日の勉強時間は? 
③試験に使った本は? 
④就活に有益でしたか? 
⑤後輩への一言メッセージ


江崎将都君(日商簿記2級合格)
①約1年(知識ゼロ⇒2級)
②ずっとやっていたわけではないです。何もしない期間もありました。
 ただ、直前期だけは一日2~3時間やりました。
③まず3級を取ってから、2級を受けました。
 そのとき、各級ごとにテキストと問題集を使いましたが、
 とくに問題集は繰り返しやりました。
④かなり有効でしたね。
⑤何でも早めに動くことが重要ですよ。


エンレイブンさん(日商簿記3級合格)
①4ヶ月くらい。
②平日は忙しいので週末だけ一日5時間やりました。
③過去問題集を1冊だけ。問題を解きながら勉強したという感じです。
④現在就活中です。
⑤思い立ったが吉日ですよ。

photo_2.jpg↑4年ゼミのメンバー。後列右(水色の服)が江崎君。

photo_3.jpg↑右がエンレイブンさん。

「研究室」の本棚

こんにちは!観光まちづくりコースの天野圭二です。

大学は高校までと違って、各先生が個別に「研究室」を持っています。
講義で教壇に立つ以外に、各先生方が興味に基づいた研究を進めておられるので、
機会を見つけて先生方の研究室をたずねてみることをお勧めします。
特に本棚に個性が出ていて面白いですよ!

私自身も各先生方の研究室に行くとき、
用件とは別に、本棚に意識が行ってしまいます。
意外な本を読んでらっしゃったりして、少し感動を覚えたり。

最近だと経営学部の某先生の研究室にリチャード・ドーキンスの
『利己的な遺伝子』があって、感心してしまいました。
専門領域からははるかに遠いはずなのになあ。
勉強熱心な先生です。

この本、人間は遺伝子を運ぶための器であるという議論なわけですが、
純粋な学術書というより、ドーキンスに言わせると
「サイエンス・フィクションのように読んでもらいたい」というだけあって、
なかなか読ませる本です。

写真は私の研究室の本棚の一部です。
フィンランド語の辞書や国際関係学のテキストといった英文の本から、
ゲームソフトやマンガまで。

dsc02213.jpg

ゲームやマンガは文化経済論という講義で使ったりもしています。
少し難しく書くと、アニメやゲーム、マンガなどのコンテンツを
継続的に生み出す社会的な仕組みや、
生み出されたコンテンツの活用方法についての国際比較研究を進めているので、
こういった本が必要になるわけです。
私から皆さんに伝えたいのは、
学生の頃からたくさんの本に触れることの大事さです。
なにも難しい本にだけ価値があるのではありません。
まずは好き嫌いせずに触れること、そしてその本の背景も含めて「読む」こと。

「面白かった!」と自信を持って言える、良い本と出合えるといいですね!

Nam et ipsa scientia potestas est.
---Bacon『Meditationes Sacrae, De Haeresibus』
  「なぜならば知識そのものは力であるから」

「ビッグデータ」とは?

こんにちは。IT経営コースの加藤省三です。
今回は、一般メディアにも頻繁に取り上げられて注目を集めている
「ビッグデータ」について紹介します。

現在、情報のデジタル化やネット化に伴い、
日々、膨大な量のデータが生成されて蓄積されています。
特に、インターネット上には膨大な情報が存在しています。
「ビッグデータ」とは、例えば、
ネット通販の購買履歴、会員情報、ネット検索履歴、
メール、車の位置情報、電車の乗車履歴
といったデータの総称のことです(下図参照)。

また、こうした「ビッグデータ」を分析して、
新しい知識や知見を引き出す人材が
「データサイエンティスト」と呼ばれています。

zu.png

例えば、小売業では、ネット通販の購買履歴などの分析により、
より精度の高い商品企画や販売促進が可能になります。
インフラ関連では、カーナビなどのデータを活用することにより、
渋滞解消や燃費向上などが実現できます。
また、製造業や運輸業をはじめ農業分野や医療分野などでも
「ビッグデータ」の活用が急速に始まっています。
このように「ビッグデータ」は、
企業経営に大きな変革をもたらすものと期待されています。

「データサイエンティスト」は、IT、マーケティング、統計などの
知識をもとに、企業内やネット上の顧客情報、購買履歴などの
ビッグデータから顧客の消費動向や傾向などを分析して、
開発、生産、販売などに役立てます。

しかし、現在、この「データサイエンティスト」が大幅に不足して、
人材育成が大きな課題となっています。
皆さんも、星城大学でIT経営やマーケティングを学んで、
データ分析人材としての将来の「データサイエンティスト」を
目指しませんか!

経営とは教養である

こんにちは、経営学部の雨宮康樹です。

私は、「マネジリアルエコノミクス(経営経済学)」、「国際労働」、
「欧米企業論」、「直接投資論」等の経営専門科目に加え、
教養科目である「総合ことば演習」を担当しています。
また専門ゼミでは、経営シミュレーションゲームを実施しています。

こうやって自己紹介をしてみると、
まるで国際経済や数字だけの授業のように思われてしまうだろうな、
と心配になりますが、実態はそうではありません。

偉大な経営学者ドラッガーは「経営とは教養である」と言っています。
つまり幅広い教養を伴ってはじめて、
すぐれた経営は可能なのだということです。
ですから星城大学の授業では、
経営学には直接関係のないような話もいっぱい出てきます。

学生には、
「急速に進行するグローバル社会をしなやかに生き抜いていくために、
経営の専門知識だけでなく、
古今東西の文化に幅広くアンテナを張っておくことが、ますます重要になる」
と言っています。

新たな医療専門職を目指しませんか?

皆さん、こんにちは。
経営学部健康マネジメント系医療マネジメントコース主任の北野達也です。

近年、我が国においても、
欧米のように、病院管理者(理事長、病院長、副院長)など、
医療経営・管理者を対象とした研修、養成が行われるようになっています。
すでに、国立大学法人九州大学大学院においては
「医療経営・管理学修士」の学位取得者が200名以上誕生しています。
また、この10年の間で、専従医療安全管理者、認定医療メディエーター(医療対話促進者)、
認定クオリティ・マネジャーなどの専門家が医療機関に配置されるようにもなりました。

このような中、
星城大学経営学部には、2005年から全国初の医療マネジメントコースが設置されています。
担当教員としては、「医療経営・管理学」の学位を取得した専任教員や
専従医療安全管理者、認定医療メディエーター・トレーナーなどの実務家教員を充実させて配置しています。

さて、医療機関では、
医師、看護師、薬剤師、理学療法士等の医療従事者が働いていますが、
彼らは医療経営・管理の専門家ではありません。

星城大学経営学部の医療マネジメントコースは、
限られた財源の中で、
患者さんに安全・安心で質の高い医療をいかに提供していくかを
学問体系的に学ぶとともに、ファシリテーション、コーチングなどの
シミュレーション実習や、上級救命講習修了認定証(全員)の取得など、
より実践的な内容を学び、新たな医療専門職を養成するコースです。
皆さんも星城大学で新たな医療専門職を目指しませんか?

下記の写真は各種授業風景です。

「医療安全管理学」講義、チームトレーニングの風景,2013年

shashin1.jpg

上級救命講習会:心肺蘇生訓練(東海消防署)

shashin2.jpg

病院実習(社会医療法人宏潤会大同病院)

shashin3.jpg