2013年7月

手のリハビリ専門家ハンドセラピストの技

こんにちは! 作業療法学専攻で「義肢装具学」を担当している飯塚照史です。

整形外科や形成外科のうち「手」に特化した専門分野として「手外科」があり、
リハビリテーションでは主に作業療法士が担当します。

sprint.jpg「手」は自分の意のままに動かせるように、
解剖学的に精密な仕掛けがたくさんあります。
そのため、作業療法士の中でも高度な専門知識・技術を身につけた
「ハンドセラピスト」が担当します。

治療法は様々ですが、中でもお湯で柔らかくなる
プラスチック素材を用いて行う「スプリント治療」は重要で、
患者さんの状況を把握して即座に作製、治療に活用します。

8月3日のオープンキャンパスでは,その一端をお見せします!