2015年10月

最高のダンスを披露!

こんにちは、作業療法学専攻の冨山直輝です。

 10月10日(土)、11日(日)に大学祭が開催されました。その大学祭で毎年恒例となっている作業療法学専攻3年生による、ダンスが披露されました。

 学生は夏休みの合間も練習を重ねており、私もとても楽しみにしていました。本番では一致団結し、息の合ったダンスをみて胸が熱くなってきました。最後は、全員でのソーラン節、迫力の踊りにただただ魅了されました。

 作業療法には、集団作業療法というものがあります。1つの活動を集団で実施することで身体的、精神的な効果のみではなく、対人技能などの社会適応 などへの効果を得ることを目的とします。今回、このダンスを通して、集団作業療法の体験ができたと思います。そしてクラスの団結力が一層高まったと思いま す。

1_1.jpg

1_2.jpg

障がい者スポーツ支援

こんにちは、作業療法学専攻の坂井一也です。
第1回ソーシャルフットサル全国大会(精神障がい者フットサル)のリハーサル大会として第3回星城カップを9月7日に行い、10月3日には第1回ソーシャルフットサル全国大会の運営・ボランティアを教員・学生で行いました。

1.jpg

第3回星城カップでは、学生が精神障がい者チームとも試合を行いました。障がい者の方と共に汗を流し、直向きにボールを追うことを通して、障がい者スポーツの意義、素晴らしさを体験しました。

2.jpg

全国大会では、北海道から九州までの精神障がい者フットサルチームの選手、スタッフの方々と関わり、また、ハイレベルな試合を観戦し、障がい者スポーツの理解を深めました。この他にも、バレーボール、水泳などの障がい者スポーツの支援も行っています。

3.jpg

平成27年10月4日読売新聞(愛知県版より)