2016年11月

卒業研究発表会開催 4年間の集大成

こんにちは。作業療法学専攻の林浩之です。

 平成28年10月29日(土)、作業療法学専攻12期生の卒業研究発表会が開催されました。
 学生は、約1年間、興味・関心のあるテーマに基づき卒業研究に取り組みました。初めての研究ということもあり、計画書作成、データ収集、分析、ご協力いただいた対象者や施設との連絡調整等、大変な苦労もあったと思います。しかしながら、本学学生は困難に直面しながらも挑戦し続け、12期生全員が発表会に臨むことができました。今年度の卒業研究は、精神、身体、発達、地域などテーマは多岐にわたりました。いずれも作業療法として意義のある研究であり、作業療法の発展に寄与することは間違いありません。卒業後も研究を継続し、作業療法の将来を担う人材として活躍することを切に願っています。

卒業研究発表会開催4年間の集大成1.jpg

卒業研究発表会開催4年間の集大成2.jpg

卒業研究発表会開催4年間の集大成3.jpg