地域リハビリテーション演習

こんにちは、作業療法学専攻の坂井一也です。

 今年度から始まった地域リハビリテーション演習という科目のフィールドワークで、障がい者地域活動支援センターに行ってきました。障がい者地域活動支援センターは、在宅の障がい者が地域で自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、生活意欲の向上及び職業的能力の開発、就労意欲の涵養を図るため、障がい者に適切な作業の場を設けている事業所です。障がい者の方も家族の方も地域の方も、一緒に調理、販売、運営、討論しているところを見ることが出来ました。星城大学では、地域生活を見据えた支援が出来る作業療法士を育てています。

20180526地域リハビリテーション演習.jpg