4年生が臨床実習後の症例報告を行いました ‐臨床実習後の実習セミナー‐

こんにちは。作業療法学専攻の藤田です。

 星城大学の作業療法学専攻では、4年次の4月から8週間の臨床実習Ⅲ-1を行います。その後、実習で学んだことを学内で発表します(セミナー)。臨床実習Ⅲでは担当した症例の方に学生が考えた作業療法を実施し、その効果についてまとめます。今までの科目の中でも最も作業療法学生としての実践力を試す機会となっています。

作業療法学専攻では、その結果を事例報告としてパワーポイントで16枚のスライドにまとめて発表しています。

発表の後には質疑応答があります。3年生の時と比べ、より専門的な質問ができるようになっており成長を感じる事ができました。次の臨床実習Ⅲ-2に向けてさらなる成長を遂げて欲しいと思います。

セミナー1.jpg

セミナー2.jpg