星祭で絆!

こんにちは、作業療法学専攻の大浦智子です。


10月6-7日は、星城大学の「星祭」でした。台風による影響が心配されましたが、両日とも無事に開催されました。作業療法学専攻の学生は、事前に模擬店メニューの開発、革細工の準備をし、模擬店、革細工ブースを開催しました。そして、3年生は恒例のダンスを披露しました。

模擬店や革細工ブースには、3年生が公民館で開催している健康サロンに参加されている方々をはじめ、近隣のお子さんやご家族も立ち寄ってくださり、とても充実した時間となりました。さらに、同日に設けた「東海市連携まちづくり事業」として実施している自動車運転シミュレーターの体験コーナーにも市民の方々がお立ち寄りくださり、安全な自動車運転への関心を持っていただきました。

各々の個性を活かしながら、様々な作業に取り組む学生の姿は輝いていて、あらためて作業療法における「作業」の奥深さを実感しました。作業を通じて、学生間の絆も一層強くなったようです。様々な経験を糧に、大きく育つことを願っています。

20181018星祭で絆1.jpg

20181018星祭で絆2.jpg

20181018星祭で絆3.jpg

20181018星祭で絆4.jpg