卒業研究論文発表会開催

作業療法学専攻の林原千夏です。

10月27日に4年生の卒業研究論文発表会が行われました。3年生の時に、研究を指導してもらう先生が決まってから、1年かけてゼミ単位で研究を進めてきました。自分が研究したいことについて研究計画を立て、データを取り、得られたデータを分析し、考察したものを研究論文に仕上げます。初めての論文作成で大変なことが多いのですが、先生や同じゼミの仲間と一緒に議論したり相談したり、教え合いながら進めていくため楽しく有意義な面もあります。

今日は自分が研究して書き上げた論文について発表する機会でした。他の学生や先生から質問が出ますが、どの学生も自信を持ってしっかり答えており、とても頼もしく見えました。

星城大学の卒業生は、臨床だけでなく、学会などでの発表も頑張っています。臨床で働きながら、疑問に思ったことについて、より良いリハビリテーションを行うために研究を続けています。今年の4年生が卒業後、学会で発表したり、論文に名前が掲載されたりするのを想像すると、今から楽しみです。

20181105卒業研究論文発表会開催.jpg

20181105卒業研究論文発表会開催2.jpg

20181105卒業研究論文発表会開催3.jpg