2015年3月

国家試験ご苦労様でした!

こんにちは、理学療法学専攻 阿部友和です。

今日3月1日(日)は,第50回理学・作業療法士国家試験です.


国家試験は,理学・作業療法士になるためのいわば,"登竜門"です.

試験合格のために,リハビリテーション学部の4年生は連日連夜に及ぶ戦いです.

そんな国家試験対策の勉強は,一言で言えば,いわば"精神勝負"...

時に,勉強をやりたくない日,逃げ出したくなる日もあるものです.


しかし,4年生は毎日着実にこの誘惑・困難を乗り越え,日々前進しています.

~In the middle of difficulty lies opportunity 困難の中にこそ機会がある
(Albert Einstein)~

私の尊敬するアインシュタインの言葉です.


天才でも努力し,困難に立ち向かったわけです.

困難を乗り越えたからこそ,相対性理論という世紀の大発見につながったわけです.


そして最後に,困難に立ち向かう秘訣を私の大好きな松岡修造の言葉で締めくくりたいと思います.


「言い訳してるんじゃないですか?


できないこと、無理だって、諦めてるんじゃないですか?


駄目だ駄目だ!あきらめちゃだめだ!できる!できる!絶対にできるんだから!」


このブログを書く頃は,もう国家試験は終わっています


4年生の皆さん,本当にご苦労様でした!ゆっくり休んでください!


このブログを呼んで頂いた皆さんも頑張ってください.絶対にできますよ!

img_2160.gif

「いつまでも健康であり続けるために まず 自分のからだを知ろう」を実施しました

こんにちは。理学療法学専攻 大古拓史です。


星城大学ホームページのニュース欄にも掲載されていますが、

1月7日に東海市商工センターで健康チェックを実施しました。

ここでは,その様子を詳しく説明したいと思います。


まずは簡単に健康とは何か?健康であり続けるためには、

どのような取り組みが必要なのか?といった講義が行われました

1.gif

次に、4つの項目からなる検査・測定を自分あるいは他人に行い、

実践できる健康チェックを目標に実施しました。

2.gif

評価シートを用いて、足の動脈の拍動を参加者自ら触知しています。

hosoku.png

足の血流確認(拍動確認)シート(一部抜粋)

3.gif

膝の硬さや力の測定、O脚の度合やバランステスト等も行いました。

また、記憶テストを行い身体のみならず頭の状態も簡易的にチェックいたしました。

余談ですが、記憶テストでは、講師を含め意外と間違ってしまう問題もあり、

皆さん満点と思いきや少しだけ苦戦していましたが、回答を教えあいながら勉強されておりました。

hosoku1.png

hosoku2.png

膝の状態(O脚、硬さ、強さ)、転倒予防のチェックシート(一部抜粋)

4.gif

最後に各測定項目の担当者から、結果の説明や測定の意味・意義について

説明がなされました。

参加者の皆様からも活発な質疑が得られ大いに盛り上がっていました。

これらの検査・測定は、様々な場所で最近行われていると思います。

しかしながら、検査をされて結果を説明されて終わり...といったことも多いのではないでしょうか?

私は、リハビリテーションの観点から自分の体は自分で管理をする。

すなわち、自分の健康状態を把握し必要な運動を行い、維持・向上に努めることが大切だと思います。

しかし、初めから自分1人でそれらを行うことは難しいため、健康維持を始めとする予防から障害の治療、

手助けが出来る理学療法士・作業療法士が中心となり、地域の皆様に分かりやすく身体のことを伝え、

健康維持に必要な検査をご自分で行って頂き、ご自身の健康管理に役立てて頂ければと考えております。
 
本会の終了後に実施したアンケート結果を東海商工会議所の方から教えて頂きましたが、

非常に満足・満足と回答された方が9割以上であり、よく分かった・だいたい分かったと

回答された方が全員だったことからも、お互いにとって非常に有益な会であったではないかと思い

嬉しく思っております。
 
本年度も、星城大学において健康チェックを行う予定(夏頃の開催予定)ですので、

皆様のご参加をお待ちしております。日程等の詳細は、

後日ホームページや各種紙面でお知らせする予定です。