2016年8月

平成28年度求人説明会が行われました

こんにちは。理学療法学専攻 古川公宣です。

8月27日(土)に平成28年度リハビリテーション学部求人説明会が行われました。この日は午前中に「身だしなみ・マナーチェック」及び「面接セミナー」が開催され、午後から「求人説明会」が行われました。現在、4年生は卒業研究及び国家試験対策の最中ですが、加えて就職活動モードにも突入です。
 臨床実習で経験したことを活かして、自分の希望する領域の施設ブースを訪れ、真剣に耳を傾ける姿を見ると「たくましさ」と「成長」が感じられ、今後の活躍に期待が高まります。
20160831平成28年度求人説明会.jpg

理学療法士の役割を再確認! - 介護保険下施設での学外実習 -

こんにちは。理学療法学専攻 山田和政です。

理学療法士の活躍の場は病院だけではありません。職域の拡大に伴い、介護保険下の施設で勤務する機会も増えています。理学療法士が関わる介護保険サービスには、介護老人保健施設をはじめとした施設に入所されている方の入所リハビリテーション、施設に通って来られる方の通所リハビリテーション、理学療法士が自宅を訪問して行う訪問リハビリテーションがあります。
 臨床実習を終えてすぐの8月初旬、4年生は、実際の介護保険下の施設に赴き、現場でのリハビリテーション業務の見学・体験を通して、理学療法士の役割を再確認しました
 理学療法士の役割のひとつは、集団で体操をしたり、利用者の声に耳を傾けて個別対応をしたりして、生活の維持・向上を図ることです。

20160818理学1.jpg20160818理学2.jpg20160818理学3.jpg

理学療法学専攻1年生による1日臨床見学体験実習報告会を開催しました

 こんにちは。理学療法学専攻 松岡文三です。

 平成28年8月6日(土)、星城大学内にて、理学療法学専攻1年生45名による、1日臨床見学体験実習報告会が開催されました。
理学療法学専攻では、入学してすぐに、新入生病院研修があります。そして、1年前期で、一般教養とともに解剖学や生理学等の基礎医学を学びます。今回の実習では、それらの知識が臨床現場でどのように生かされているのかを経験しました。報告会では、見学させて頂いたことをパワーポイントにまとめて発表を行いました。これから、理学療法士になるために、勢いよく成長していくことでしょう。今後の活躍を期待しています。

20160806-1.JPG

20160806-2.JPG

20160806-3.JPG