2017年1月

平成28年度 星城大学 リハビリテーション学部臨床実習指導者会議が開催されました

こんにちは。理学療法学専攻 藤田玲美です。

 1月7日(土)に臨床実習指導者会議が開催されました。臨床実習とは3-4年時に実施される、病院・介護施設といった現場での実習のことです。臨床実習指導者会議とは実習指導者にあたる理学・作業療法士の先生に、特別講演を企画し、前年度の実習報告や今年度の実習説明を行います。今年度は4年生の臨床実習後の動向や3年生に対する本学の取り組みについても説明しました。一例として、モチベーションを向上させるために

・2年次に、スポーツ傷害および小児の理学療法(NICU)について外部講師を招いていること

・キャリア形成の一環として、管理者として活躍されている理学療法士、
 就職1年目の本学卒業の理学療法士・作業療法士による講演を開催していること

・個別面談を年に1~2回実施していること

があります。実習指導者の先生方からは熱心に取り組んでいるとの感想をいただいて大変うれしく感じました。
 会議後には、理学・作業療法士の先生方に感謝の念を込め、懇親会を開催しました。今回は多くの先生方と話せるようにしたいと思い、立食形式としました。教員が間を取り持ちやすかったため、ある分野の先生を紹介してほしい等の実習指導者の先生方からの要望に応えやすく、意見交換や情報収集の良い機会になったと思います。

20160126平成28年度星城大学リハビリテーション学部臨床実習指導者会議が開催されました1.JPG

20160126平成28年度星城大学リハビリテーション学部臨床実習指導者会議が開催されました2.JPG

20160126平成28年度星城大学リハビリテーション学部臨床実習指導者会議が開催されました3.JPG