脳と脚の健康チェックを開催しました

こんにちは。理学療法学専攻 大古拓史です。

 9月15日(金)に地域貢献活動の一環として、脳と脚の健康チェックを開催しました。
 毎年実施している本事業ですが、例年、大盛況となっています。地域在住者の皆さまにお声掛けし、リハビリテーションの視点から身体をチェックし、運動方法までをお伝えするという他では中々類を見ない事業内容となっています。
 測定ブースは、以下の1つの共通コースと5つの個別コースに分かれています。

★共通コース
 ・身体機能測定コース

★個別コース
 ・脳コース
 ・足と血管コース
 ・膝コース
 ・転倒予防コース
 ・血管エコーコース

 2年生、4年生は、教員と共に各コースの測定を担当し、血圧測定から、筋力測定、関節角度の測定、バランス測定などなど様々な計測を実施します。3年生は来場者のコンシェルジュとして、スムーズにブースを回ることが出来るように、状況を見ながら来場者を誘導します。時折、教員からのフォローが入りますが、基本的には上級生の4年生がリードし、現場をまとめ、下級生を引っ張りながら実施していました。4年生は実習を終えているので、非常に頼もしく頼りになりました。
 学内では経験できない地域の方々との交流を通じて、コミュニケーションや接し方など理学療法士に必要なコミュニケーションの実践が学べ、学内講義内容を実践できる場としての役割を果たしつつ、地域の皆様の健康増進に寄与できる本事業を引き続き継続して開催したいと思います。

20170919脳と脚の健康チェックを開催しました1.JPG

20170919脳と脚の健康チェックを開催しました2.JPG

20170919脳と脚の健康チェックを開催しました3.JPG

20170919脳と脚の健康チェックを開催しました4.JPG

20170919脳と脚の健康チェックを開催しました5.JPG

20170919脳と脚の健康チェックを開催しました6.JPG

20170919脳と脚の健康チェックを開催しました7.JPG

20170919脳と脚の健康チェックを開催しました8.JPG