3年生の臨床実習総括、4年生に向けた取り組みについて

こんにちは、理学療法学専攻 一期生で教員の大古拓史です。

3月20日(火)に現3年生に向けて、4年生での臨床実習(長期実習)への取り組み等について,講話を行いました。

評価実習を通じて、それぞれの問題点に気づき、4年生の臨床実習でどのように改善するのか。また、残された期間をどのように過ごすのか。などについて、各々の意識を高める講話内容でした。

臨床実習指導者の皆様、実習にご協力いただきました患者様、リハビリテーションスタッフの皆様のご協力があって実習を完了したことを今一度考え、その協力を無駄にすることなく活かせる春休みにして頂きたいです。

星城大学リハビリテーション学部では、要所要所において学生のモチベーションを高め、より良い理学療法士になるための取り組みを行っています。

201803293年生の臨床実習総括,4年生に向けた取り組みについて.jpg