星城大学

 

   2017年11月28日(火)

臨床実習に向けた取り組み [学生からの声]

  私たち作業療法学専攻の3年生は、1月末から始まる病院や施設での臨床実習に向けて、レポート課題や実技など日々準備を進めています。

 3年次では、多くの講義において実際の対象者を想定し、どのような検査や測定が各対象者に適用するのか、あるいは必要なのか考える課題に取り組みました。また最近では身体障害作業療法学実習という講義で、脳梗塞や骨折をした患者さんの検査・測定結果や情報を基に、作業療法の治療プログラムを計画する課題にも取り組んでいます。

 この対象者は何が一番困るのだろうか、望んでいることを叶えるにはどんな方法が適切なのか…。最初は想像する力が足りず、対象者にとって有益な作業療法を考案することが困難でしたが、回数を重ねるごとに様々な視点から作業療法を考えることができるようになってきました。

 このような実践形式の課題を通して、対象者に寄り添うためには、確かな知識と技術が土台になくてはならないということを改めて痛感しました。

 これまでの知識と技術を応用した実技試験がもうすぐあり,その後は遂に臨床実習が開始します。

 臨床実習に向けて自分のやるべき課題を見つけ、対象者と真摯に向き合うことができるように努め、将来、対象者を最高に支援できる作業療法士になります。

11_70.jpg

リハビリテーション学部作業療法学専攻3年 酒井晴香

Posted by 管理者 at 09時19分

ページのトップへ

 

   2017年10月13日(金)

星城大学学祭での活動 [学生からの声]

  10月8日と9日に星城大学の学祭が行われました。私たちのアドバイザーグループ(1~4年生までの混合グループ)は、学祭で出店することが伝統であり、今年は「マシュマロクッキー」を出店しました。

 学祭を迎えるまでに、グループのみんなで意見を出し合ってより良いものにしようと取り組みました。準備の段階では、買い出しや看板作りなど忙しいこともありましたが、買ってくれた人たちの「おいしかったよ」と言う声を聞くととても嬉しく、みんなで一生懸命取り組んで良かったなと思いました。

 今回の経験は、今後の大学生活にも活かすことが出来ると思うので、後輩たちにも伝統を受け継いでもらいたいと思います。

okamoto_29.jpg

(リハビリテーション学部 作業療法学専攻2年 岡本 歩)

Posted by 管理者 at 16時59分

ページのトップへ

 

   2017年09月13日(水)

弓道の試合を通じて学んだこと [学生からの声]

  私は台湾からの留学生ですが、弓道部に入部して以来、最近では連続で2回も試合に出場させて頂きました。

 8月27日(日)に行われた東海学生弓道秋季リーグ戦の第一試合は愛知県立大学との対戦の他、9月10日(日)の中日本近的選手権大会に出場しました。

 リーグ戦の朝から、部員の皆と一緒に大変な事前準備をしました。道場を片付けたり、テントを張ったりして、とても力を使う仕事を多くしました。しかし、皆は不平も言わず頑張って準備をしました。

 今回の試合は私がとても緊張したので一つ一つの動作がぎこちなく、結果がよくありませんでした。皆は気にせず、間違えたところを丁寧に教えてくれて、とてもいい経験になりました。

 そして、顧問の盧先生は、皆を応援して下さいました。先生は弓道は「当てる」ことが目的ではなく、自分の心を磨くことであると指導して下さりました。皆はいつも、弓道のことや日本語の勉強のことなどを教えてくれます。私はとても感謝しています。

 最初のリーグ戦の試合は相手と接戦の上で勝ちました。とてもうれしかったです。弓道を通じて、ルールだけではなく、精神面も鍛えられました。次の試合に出場するために、また、皆と一生懸命頑張って練習していたいと考えています。

kyudo_25_60_2.jpg

kyudo_25_28_1.jpg

(経営学部国際ビジネスコース3年 田杭伶)

Posted by 管理者 at 11時52分

ページのトップへ

 

   2017年08月16日(水)

1日臨床見学体験実習の感想 [学生からの声]

  リハビリテーション学部理学療法学専攻1年生は8月3日に1日臨床見学体験実習に参加し、コミュニケーションの取り方とその重要性について知ることができました。

 患者様と直接接することにより、理学療法士の方だけでなく患者様から学ぶことも多く、楽しく実習を終えることができました。また、臨床現場を見学して、自分たちが講義で学ぶことがいかに大切かを実感できたので、これからもより一層頑張っていきたいと思います。

(リハビリテーション学部 理学療法学専攻1年 藤本絢香)

 

Posted by 管理者 at 19時25分

ページのトップへ

 

   2017年07月14日(金)

ゼミの課外授業の国際フォーラムに参加しました [学生からの声]

  私は7月5日(水)にゼミの課外授業の一環で、駐名古屋大韓民国総領事館主催の第1回韓日経済名古屋フォーラム「韓国と中部日本との産業協力戦略」に参加しました。

 韓国の企業と提携を結んでいる名古屋の企業、韓国の経済について詳しい方々による今現在の韓日の経済について日本人の方だけではなく、韓国人の教授による基調発表もありました。内容に関してはとても難しく、距離が遠い近いに関係なく海外での経済について深く学べた上に奥が深く感じました。

 パネルディスカッション後の意見交換(質疑応答)の場では、「信頼」という言葉が多く出ました。海外の企業とともに仕事する上での一番の障害は言語です。英語が世界の共通語とはいいますが、母国語ではない国もあるのでうまく言葉が通じず、誤解が生まれることがあり、円滑にビジネスが進まなくなってしまいます。また、言葉がうまく通じないとビジネスにおいて非常に信用に欠けてしまいます。このような体験談や対策などの意見交換は、とても役に立つと思いました。

 今回は第1回ということで、多少ぎこちない感じのフォーラムではありましたが、今後も続いていくのであれば、非常に有意義なフォーラムになると感じました。私は4年生であり、卒業前にこのような課外授業に参加することができ、とてもいい思い出になりました。

makidou_25_40_1.jpgmakidou_25_40_2.jpg

(経営学部国際ビジネスコース4年 巻堂 桂)

Posted by 管理者 at 15時23分

ページのトップへ

<   2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

写真

  • 臨床実習に向けた取り組み 臨床実習に向けた取り組み
  • 星城大学学祭での活動 星城大学学祭での活動
  • 弓道の試合を通じて学んだこと 弓道の試合を通じて学んだこと

カテゴリー

最新の記事