経営学部

経営学部

教養科目紹介

本学の経営学部は、2012年度から新カリキュラムがスタートし、大幅に見直しがされました。自分づくりに分類された科目は3区分からなります。

基礎力
  • 総合ことば演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ(読む・書く・話す、3技能を徹底訓練)
  • 社会探索ゼミ(隔週で工場・会社見学、文化施設見学、地域探索)
  • 自分づくりゼミⅠ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ(自己発見のサポート、自分でテーマ探求)
  • キャリアサポートⅠ・Ⅱ・Ⅲ(職業意識の醸成、基礎学力増強)
IT力
  • インターネット基礎論(ネットワークの基礎知識と情報処理能力修得)
  • マルチメディア情報論(ホームページ作成、パワーポイント作成)
  • エンドユーザーコンピューティング(Excel、Excel VBA実習)
  • シリアスゲーム演習(デジタルゲームにより、経営学を体験的に理解)
語学
  • 英語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ(レベル別で英語力増強)
  • 日本語Ⅰ・Ⅱ(留学生レベル別で日本語力増強)
  • 総合英語Ⅰ・Ⅱ(レベル別で英語力増強)
  • 中国語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ(ゼロから始める中国語、段階的学習)
  • 日本語スピーチ(留学生の日本語スピーチ力を増強)
  • 日本語論文(留学生の日本語論文力を増強)
  • 英語討論(口頭の英語運用力を高め、ディベートの基本を学ぶ)
  • 英語話術(中級レベルの英会話力を修得)
  • TOEICⅠ・Ⅱ・Ⅲ(TOEICの問題形式に習熟し、英語力を伸ばす)
  • 韓国語Ⅰ・Ⅱ(2017年度入学者から適用)

一般教養に分類された科目は3区分からなります。

人々の心と社会 社会学、考古学、社会生活と法律、法学、政治学、言語文化、文化人類学、心理学、倫理学、哲学、文学、芸術論、教育心理学、道徳教育研究、東洋文化論、西洋文化論、日本文化論、時事英語、異文化コミュニケーション、異文化理解演習、ボランティア演習
自然と社会 科学的思考、生命と科学、生活と科学
健康と社会 保健科学、体の仕組みと病気、スポーツⅠ・Ⅱ

この分野の一般教養科目の必要最低単位数は10単位ですが、より多くの科目を履修して教養を高めることで、大学生としてふさわしい見識を身につける努力が必要です。

トップへ戻る