大学院

大学院

健康支援学とは

定義

『高齢者および障害者の健康生活を保持する活動を支援する術を中心に学び研究する学術領域である』
※「支援」とは、ささえ助けること、援助すること  <例:「活動を支援する」(広辞苑)>

対象

障害の有無にかかわらず健康生活の保持の支援が必要な人々
加齢によって虚弱になることが予測され予防する必要性が高い中高年齢者

目的

健康生活が保持できるよう支援することを目的としています。

方法

中高齢者・障害者本人のみではなくその家族や地域を支援する術を学修し、体力低下の予防・体力増進、介護予防、生活習慣病の予防など心身の向上のための活動を支援します。

リハビリテーション健康支援学領域

リハビリテーションは疾病や外傷による日常生活上の支障をきたす障害に対して、理学療法や作業療法の知識・技術に基づく運動療法をもってその自立を図ろうとする臨床医学のひとつであり、リハビリテーション健康支援学は、このようなリハビリテーションを中核に置きながら、昨今の少子高齢化・疾病構造の変化を背景とした社会情勢に応えるため、我が国の健康づくり対策の流れ「健康寿命の延伸」「健康格差の縮小」に資するような多様なリハビリテーションのあり方や運動療法の方法について、その理論と方法を学修します。なかでも、健康寿命の対極である介護状態に陥る最も大きな原因である運動器障害、及び認知症を含む精神機能障害に関する基礎理論から病的状態の成立機序、リハビリテーションアプローチや最新知見などを体系的に取り扱います。

教員からのメッセージ

寿命の長寿化、疾病構造の変化、障害の重度化などから、リハビリテーションや運動療法、その専門職である理学療法士・作業療法士の役割はますます重要となり、同時に、その効果・技術を発揮する場面も大規模病院やリハビリテーション施設などから、本来居住していた地域や在宅へと多様で複合的なものへと拡がっています。そのような状況でも、その中核はあくまでもリハビリテーションの臨床現場で培った運動療法の知識・技術、そこで得た意義と科学的根拠の解明プロセスといえます。ともに普遍的な運動療法とは何かを模索し、確立していきましょう。

生活健康支援学領域

少子高齢社会の今日、高齢者および障害者が住み慣れた地域で安心して暮らしていく上で、健康生活を支援していくための知識と技術が求められています。生活健康支援学領域では、「健康支援」と「介護・転倒・障害予防」のあり方について多角面から学修します。日々の当たり前に行っている生活行動を紐解き、健康保持・増進のためのライフスタイルについて考えます。環境にスポットを当て、健康を支援するための生活環境と福祉環境、本人を取り巻く社会環境について知識を深めます。高齢社会の現状を踏まえつつ、認知症、うつ、閉じこもりにおける介護予防支援策について理解します。高齢者の体力特性や姿勢制御を知り、安全な生活を送る上での転倒予防について議論します。運動をキーワードとして、運動・スポーツ傷害、内部障害に対する効果的な運動手段を知り、障害予防について学びます。

教員からのメッセージ

誰しもが、いくつになっても健康な生活を送りたいと願うものです。そのためには、健康維持を図る上での「生活」とは如何にあるべきかを考えるとともに、健康維持・増進の手段のひとつでもある「運動」について知識を深める必要があります。今後、さらに少子高齢化がすすむ中、生活健康支援学領域では、主に高齢者および障害者を対象に、「生活」をキーワードとして、保健・医療・福祉のいずれの分野においてもご本人とその家族が日々、健康な生活を送るための健康支援および介護・転倒・障害予防のあり方を追求しています。新たな発見を求めて、共に取り組んでみませんか! 

トップへ戻る