大学院

大学院

健康支援学研究科について

研究領域

3つのポリシー

アドミッションポリシー

 星城大学大学院健康支援学研究科では、リハビリテーション支援および健康支援、障害予防支援の分野において最新の知識・技術を普及できる専門性を有する指導者並びに研究教育者の養成を目指しています。そのために、健康支援学研究科では次のような入学者を求めています。

1. 人や社会と健康に関する理解を深化させ地域社会で貢献を目指している意欲的な人

2. 保健医療福祉分野の実践家や教育者として探究心旺盛な人

3. 保健医療福祉分野で高度な知識と技術を備えた指導者を目指している人

カリキュラムポリシー

人が健康に生活するということについて理解し、健康を保持促進すること、健康を阻害する要因を排除することについて体系的に学修及び研究することで健康支援学に関する基礎的研究能力を有した人材の養成を目標とします。この目標を達成するため以下のカリキュラムを構成しています。

1. 健康支援学と研究に関する理論と実践について広い視野の獲得を目指す基礎科目を開設する。

2. リハビリテーション健康支援学領域と生活健康支援学領域それぞれに特論と演習を配置し理論と実践の獲得を目指す基本科目を開設する。

3. リハビリテーションと健康支援学に関連する学術と応用の獲得を目指す関連科目を開設する。

4. 地域社会の保健医療福祉分野において健康支援学による貢献と指導的役割を担う実践並びに研究能力の獲得を目指す総合科目を開設する。

■ディプロマポリシー

 学位授与に関する方針は、次の要件を満たしていることとしています。

1.「基礎科目(必修6単位)」、「基本科目(選択14単位)」、「総合科目(必修10単位)」の合計30単位以上を修得しなければならない。

2.健医療福祉分野での健康支援に関する学術を身につけている。

3.高度保健医療福祉専門職として基礎的研究能力を身につけている。

教育目標

どのような人材を育成するか?

  • ・リハビリテーション健康支援学領域における指導的な人材の養成
  • ・生活健康支援学領域の分野における指導的な人材の養成
  • ・保健・医療・介護・福祉現場の現代的課題に取り組む高度な研究・教育者の養成

教育方法について

講義場所

昼開講
星城大学キャンパス
夜間開講
交通至便な名古屋サテライトキャンパス

講義時間

夜間は原則として平日開講
    大学院1限目 18:30~20:00
    大学院2限目 20:10~21:40

トップへ戻る