大学院

大学院

履修システム

長期履修制度

基本修業年限は2年ですが、3年または4年の履修を選択することができます。その場合、学納金も2年分を修業年限で分割します。

学納金納入例については>>こちら

特定課題研究

社会人学生のうち専門職業人として実務に関連した研究課題を選択した学生について、当該領域の実務で起こり得る症例評価、治療の効果、用具・機器・システム開発などの事例に関する研究課題です。その研究論文は修士論文に代えることができます。

その他

研究費奨励

学生1名あたり年間20万円までの研究費を申請できます
※長期履修の場合は、長期履修全期間で総計40万円まで申請可能です。

短期修了

特に優れた業績をあげた者については、1年以上在籍すればよいものとします。

トップへ戻る