• リハビリテーション学部
    リハビリテーション学科
    理学療法学専攻[1年]

    池田 彩加
    (清林館高校 出身)

    リハビリ分野で小論文と面接だけで受験できる「推薦入試」。自信を付けよう!

    早く進路が決まること、小論文と面接だけで受験できることに魅力を感じて「推薦入試(公募推薦)」で受験しました。私の高校のコースには、この受験方法を選ぶ生徒が多かったことも理由の一つです。私は国語が苦手で小論文も得意ではありませんでしたが、そのぶん何度も過去問を解き、少しずつ自信をつけていきました。面接練習は先生や友人と一問一答式で練習した結果、緊張しないで受け答えができました。

  • リハビリテーション学部
    リハビリテーション学科
    理学療法学専攻[1年]

    鈴木 萌
    (愛知県立東海南高校 出身)

    これまでの頑張りを全部ぶつけて合格したい!「一般入学試験」で未来を切り拓く!

    これまで勉強を頑張り続けてきた、積み重ねの結果として合格を手に入れたい。そこで学力勝負の「一般入学試験」を選びました。必須科目の英語以外は選べるので、苦手な生物を避けて得意な数学を選択。全力を出し切って合格した気分は最高です。じつは出願方法について疑問もありましたが、直接大学に問い合わせると親切に教えてくれました。皆さん、何があってもあきらめずに頑張りましょう。結果は必ずついてきます!

  • 文章を書くのが得意だ!
  • 情報系の資格を活かしたい!
  • リハビリテーション学部
    リハビリテーション学科
    作業療法学専攻[2年]

    神村 美帆
    (愛知多治見西高校 出身)

    授業料30万円免除の「特別奨学生試験」。他にも魅力的な特典がいっぱいです!

    「特別奨学生試験」の魅力は、合格すれば奨学金がもらえること。授業料が30万円免除されます。もし特別奨学生に合格しなくても一般入試筆記試験免除の可能性もあり、必要な手続きさえすれば二重に費用が掛かることもありませんし、合否の結果が年内にわかるというメリットもあります。一般入試を受けなくて良い場合は、合否の結果が年内にわかるというメリットも。試験の形態はセンター試験に似ていますが、私はひたすら過去問を解いて合格を獲得しました。

  • センター試験の成績を活かして受験したい!
  • 奨学金を受けたい!
  • 経営学部
    経営学科[1年]

    高島 豪
    (愛知県立東海商業高校 出身)

    「AO入学試験」の「講義体験型」で受験。面接は受け答えしやすく、学ぶ姿勢が評価されました!

    勉強には自信がありませんでしたが、面接だけならしっかりやれば合格できる。そう考えた私は「AO入学試験」で受験。特に「講義体験型」は、自分の特技をアピールする一般的な面接では無く、経営学に興味がある意志や動機を評価してもらえるので自分に向いていると思いました。星城大学にはとても話しやすい先生が多く、面接では安心して受け答えができました。専門的なことは聞かれなかったのでよかったです。

  • 経営学部
    経営学科[1年]

    中西 恵斗
    (三重県立津商業高校 出身)

    野球が大好きで大学でも続けたい!私が選んだのは「スポーツ推薦入学試験」。

    小学校時代から続けている野球を受験に活かせる。私にピッタリな入試だと考えて「スポーツ推薦入学試験」を選びました。面接でもスポーツに関する質問が多く、とても答えやすかったです。小論文には不安もありましたが、過去問で傾向をつかんで練習したことが合格に結びつきました。入学後も野球を続けるのはもちろん、経営学部スポーツマネジメントコースで専門的な知識と技術を身につけたいと考えています。