学生生活

学生生活

奨学金・教育ローン

奨学金制度等の概要と申請についてのご案内

大学で資料等のご案内できる奨学金制度等の概要と申請についてご案内します。
なお【学外奨学金・ローン制度】の詳細については、「学外奨学金制度・ローン制度の特性比較表」を確認して下さい。

学外奨学金制度・ローン制度の特性比較表

【学外奨学金・ローン制度】
<公的>

  1. ・日本学生支援機構奨学金(貸与:無利子・有利子) ≫詳しくはこちら

    大学を通じて毎年度4月~5月に申請が可能です。(9月頃に追加申請ができる場合有り)申請期間を過ぎると手続きできません。募集期間等の詳細はパソコン(Active Academy)にて案内しますので、機会を逃さないよう注意して下さい。詳しい内容については大学の学修支援課生活担当にお問い合わせ下さい。

  2. ・日本政策金融公庫「国の教育ローン」(貸与:有利子)) ≫詳しくはこちら

    日本政策金融公庫に直接問い合わせをして、通年の申請が可能です。
    案内資料は大学で配布可能ですが、詳しい内容については日本政策金融公庫にお問い合わせ下さい。

<民間>

  1. ・各種銀行の「教育ローン」(貸与:有利子)

    銀行によっては「教育ローン」を利用できる場合があります。各種銀行に直接問い合わせして、基本的に通年の可能です。各銀行によって扱いが異なりますので、詳しい内容についてはご利用銀行にお問い合わせ下さい。

  2. ・オリコ「学費サポートプラン」(貸与:有利子)、セディナ「学費ローン」(貸与:有利子)

    本学がオリコ・セディナと契約をしている制度で、各社に直接問い合わせをして、大学の学納金納付期限内で申請が可能です。詳しくは、下記のリンクを参照いただくか、学納金納付書類とともに送付される案内をご確認下さい。

オリコ:在学生用

経営学部の申し込みはこちら

リハビリテーション学部の申し込みはこちら

大学院の申し込みはこちら

セディナ:在学生用

経営学部の申し込みはこちら

リハビリテーション学部の申し込みはこちら

大学院の申し込みはこちら

オリコ:新入学生用

経営学部の申し込みはこちら

リハビリテーション学部の申し込みはこちら

大学院の申し込みはこちら

セディナ:新入学生用

経営学部の申し込みはこちら

リハビリテーション学部の申し込みはこちら

大学院の申し込みはこちら

<その他>

各市町村や財団・企業から奨学金募集がある場合がありますが、年度によって採用有無が変わります。その都度パソコン(Active Academy)にて案内しますので、機会を逃さないよう注意して下さい。

星城大学の奨学金

番号名称支給区分内容対象
1 社会貢献型奨学金社会貢献型奨学金リーフレット縦.jpgのサムネイル画像 給付 年間10万円

対象学部:経営学部、リハビリテーション学部

キャンパスあるいはその周辺で社会貢献活動をすることで、奨学金を受けることができるプログラム。

貢献活動例:講師補助、オープンキャンパス企画・案内・準備、学内・地域美化など

2

石田鏇徳先生 建学の精神奨学制度

建学の精神奨学金リーフレット.jpg

給付

【経営学部】
入学金全額(25万円)
学納金全額(年間90万円×4年間)
学生生活支援金を毎月3万円

【リハビリテーション学部】
入学金全額(25万円)
授業料全額(年間80万円×4年間)

①本学の一般入試に合格し、2017年4月入学し、4年間在学して、卒業する者

②合計年収400万円以下の世帯に引き続き属している者

③向上心に燃え、本学で、まじめに勉学に励み、建学の精神を守り、模範となる受講態度と、よき人間関係に注意し、大学生活を行う者

対象学部と募集人数
経営学部:3名以内
リハビリテーション学部:各専攻2名以内

3

彼我一体奨学金【経営学部】彼我一体奨学金.jpg

給付

【経営学部のみ】
入学金全額(25万円)
学納金全額(年間90万円×4年間)
合計385万円

一般入学試験(中期または後期)にて、経営学部に優秀な成績で合格し、入学した者


対象学部と募集人数
経営学部:10人以内

短期留学〔異文化理解演習〕

給付

【経営学部のみ】
アメリカスタディツアー(約10日間)にご招待

一般入学試験にて、経営学部に合格し、入学した者

4 公認会計士養成プログラム 免除

①資格予備校(TAC/2年本科生)の受講化を本学が負担

②3年次在学中に公認会計士試験(論文式)に合格した場合、4年次の大学授業料を免除

対象学部:経営学部

公認会計士試験合格を目標に、資格予備校の学費を本学が負担する等の特典があるプログラム。

条件以下の①または②に合格していること。

①日商簿記検定2級以上

②全商簿記検定2科目(簿記実務検定1級、会計実務検定)

5

自分づくり応援特別奨学金自分づくり応援奨学金.jpg

減免

入学金のうち15万円

授業料のうち年間30万円(最大4年間)

①いずれかの取得で対象となる資格
 実用英語検定2級以上、TOEIC600点以上

②以下のうち、4種類以上取得で対象となる資格
 1.簿記実務検定試験1級
 2.ビジネス文書実務検定試験1級
  (旧全商ワープロ実務検定を含む)
 3.珠算・電卓実務検定試験(珠算部門)1級
 4.珠算・電卓実務検定試験(電卓部門)1級
 5.英語検定試験1級
 6.商業経済検定試験1級
 7.情報処理検定(ビジネス情報部門)1級
 8.情報処理検定(プログラミング部門)1級
 9.会計実務検定試験
 10.簿記検定試験2級
 11.ITパスポート試験
 12.基本情報技術者試験

6 学生生活支援奨学金

貸与
(無利子)
※卒業後8年間で返済

授業料最大年間60万円

(1)保護者や家族が企業におけるリストラなどにより、経済的負担が困難な家庭の子女で、進学意欲を持つ者。
(2)企業におけるリストラ・企業倒産等により、再度大学で学び直す者。
(3)その他経済的理由により修学困難と認められる者。

※入学時は、経営学部志願者のみ対象。
「学生生活支援奨学生自己申告書(学生募集要項内)」「所得(課税)証明書」の提出が必要です。

7

学修奨励特別奨学金

特別奨学生試験リーフレット縦1.jpg

減免 授業料のうち年間30万円

「特別奨学生試験」で優秀な成績を収めた者

8 指定強化クラブ奨学金 減免 S:入学金全額・授業料全額
A:入学金半額・授業料半額

S:個人または団体競技種目において、全国大会または同等程度の大会に出場し、かつ部長が特に将来性ありと判断した者

A:個人または団体競技種目において、県大会以上に出場し優勝に準ずる成績を修めた者。または部長が将来性ありと判断した者

対象指定強化クラブ:
硬式野球、女子バレーボール、柔道、ソフトテニス、女子ソフトボール、剣道
※出身高校の内申評定平均2.8程度以上の成績を有する者

※上記以外の支給内容・対象も有。

9 明徳奨学金(後援会) 給付 10万円 経済的な困窮度が高く、修学継続が困難な学生から選考
10 私費外国人
留学生生活支援奨学金
減免 授業料のうち年間25万円

日本学生支援機構 第一種奨学金の所得上減額に順ずる。

※世帯人数により日本円換算900万円~700万円相当以下の者が該当

11 私費外国人
留学生成績優秀者奨学金
減免 授業料のうち年間15万円

新入生時①、②、③のいずれかに該当する者

①日本語能力試験N2合格者

②日本留学試験日本語科目の今年度実施した該当時の平均点以上の成績取得者

③本学入学試験の日本語科目70点以上取得者

在学生は条件を満たす者

※詳細は留学生募集要項参照

12 私費外国人
留学生入学時奨学金
減免 入学金のうち10万円 私費留学生は全員対象
13 教職課程育英奨学金 減免 授業料のうち年間10万円

経営学部指定校推薦教職課程特別枠で合格・入学した学生対象。
※2年次以降は、毎年所定の「取得単位数、GPA」をクリアし、かつ教職課程教員の承認を得た学生に給付。

奨学金の募集について

 受験生の方は、入試広報課にお問い合わせください。

 在学生の方は、学修支援課にお問い合わせください。

トップへ戻る