リハビリテーション学部 竹田徳則教授がNHKの取材に答える

 12月6日(火)、星城大学リハビリテーション学部 竹田徳則教授が、武豊プロジェクト「通いの場(サロン)参加と介護予防・認知症予防」をテーマに、NHK名古屋放送局のテレビ取材を受けました。取材では、サロン参加によって要介護状態や認知症発症の割合が下がることを、竹田教授らの研究データを示してわかりやすく説明しました。

 取材の模様は、12月6日(火)18時10分~放送の「ほっとイブニング」で放送されました。
 番組の内容は下記のとおりです。

 サロン参加で介護認知症予防

 

20161207takedanhk.JPG