2016年度 第2回星城大学公開講座 開催報告

 11月19日(土)東海市立商工センター 多目的ホールにて、星城大学公開講座を2部構成で開催しました。前回に引き続き、たくさんの方にご来場を頂きました。

 第1部 「北海道の昆布が支える日本の文化」(講師:リハビリテーション学部 齋藤貴之講師)
 第2部 「よく噛むことで脳を元気に保つ」 (講師:リハビリテーション学部 久保金弥教授)

 第1部の講座では、昆布の生産・加工、昆布食文化、食以外の昆布利用(鏡餅など)、富山県の昆布利用について講話しました。

20161216koukaikouza2-1.JPG

 第2部の講座では、認知症が増える現在、噛むことによる認知症予防、肥満の改善、ストレス防止への効果について講話しました。

20161216koukaikouza2-2.JPG

 どちらの講座でも受講者の方がメモを取りながら、熱心に講師の話に耳を傾けておられる姿が印象的でした。