竹田徳則教授 医療福祉生協連「まちづくり活動交流集会」で講演

 2月23日(木)に大阪市で開催された日本医療福祉生活協同組合連合会の2016年度「まちづくり活動交流集会」にて、リハビリテーション学部竹田徳則教授が「社会参加と健康」をテーマに講演を行いました。
 講演では、健康長寿には社会参加を通じた心理社会面を豊かにすること、地域に活動拠点を増やし多くの人の参加を促進すること、住民間の互助と共助や支援の強化が重要な取り組みであることについて、これまでの豊富な研究データを示して述べました。

20170301takeda1.JPG

20170301takeda2.JPG