知多市との連携講座「認知症連続講座2」開催

 6月10日(土)に知多市中央図書館にて前回(5月20日)の連携講座担当である竹田教授に引き続き、藤田高史准教授による認知症連続講座が開催されました。 今回の講座テーマは「認知症になったらどんなことができなくなるの?どのように支援したらよいの?」でした。認知症の進行によりできなくなることと、それに対して周囲の人たちの声かけや対応の方法、環境の整えかたについて講義しました。

 現在、介護予防に参加している方、実際の介護現場で働いている方、民生委員の方など様々な立場の方が熱心に聴講していました。

20170622_resize1.jpg20170622_resize2.jpg