2017年度第4回公開講演会「21世紀型『ゆたかな社会』を求めてⅢ」 開催報告

 11/25(土)第4回公開講演会「21世紀型『ゆたかな社会』を求めてⅢ」が開催されました。
講演では、坂文種報徳會病院 脳神経外科 教授 加藤庸子氏をお迎えし、「日本の医療と国際貢献」-超高齢社会を迎えて脳卒中をどう予防するか?-をテーマにご講演いただきました。
 国際貢献という立場から,今まで各国で行ってきた活動について動画を示しながら説明し,発展途上国への技術支援や日本への留学支援などの重要性を示されました。
 今や身近な単語となった、フレイル(虚弱),サルコペニア(筋減少)のお話を交えて、医療から健康まで含んだ、幅広い講演内容となりました。

※後援:東海市/東海市教育委員会/知多市/知多市教育委員会/中日新聞社
※共催:学校法人名古屋石田学園/星城高等学校/ 星城中学校/ 星の城幼稚園/星城大学リハビリテーション学院/名英図書出版協会

1_20171125_25_75.jpg2_2017_25_70.jpg