経営学部3年田中さん、あいちサスティナ研究所成果発表会で「最優秀賞」受賞!

 平成29年度かがやけ★あいちサスティナ研究所の取り組みに、本学経営学部3年 田中嵩也さんが参加し、チーム・セントレアとして「最優秀賞」を受賞しました。
 愛知県が立ち上げたこのプロジェクトは、未来の地域の担い手となる大学生が、グローバルな視点を持って継続的にエコアクションを実施することを目的としたもので、パートナー企業・団体から提示された環境課題に対し、研究員となって現場での調査や担当者とのディスカッションを通して、解決策を提案するものです。
 中部国際空港株式会社(愛称:セントレア)の課題に対して、チーム・セントレアとして取り組んだグループに、本学の学生(田中嵩也さん)も加わり、みんなで協力して「最優秀賞」を頂くことができました。今後も大学として学生たちのいろいろなチャレンジを応援し、支援していきます。

【かがやけ愛知サスティナ研究所に参加して(田中嵩也さんコメント)】
 今回、このプロジェクトに参加させていただき、環境に関する考えやエコアクションが変わりました。私は、中部国際空港株式会社(愛称:セントレア)さんのパートナーとなり、課題を解決できる提案を半年間にわたって企画を検討しました。
 セントレアの企画を通じて、初めてセントレアでは環境に配慮した様々な取り組みが行われていることを知りました。サスティナブル空港として現在行われている環境活動、これから取り組むこと以外にもセントレアを訪れる全ての人に関心を持ってもらうことが重要であることがわかりました。
 セントレアに関係なく学生一人一人が環境について少しでも関心・興味を持ってもらい、行動を変えていくことで未来の社会が変わるのではないかと、今回このプロジェクトに参加し実感しました。なので、ぜひ環境に興味ある人、少しでも違う自分を見つけたい人は参加してみてください。
 チーム・セントレアとして企業からの課題に対して12月に行った成果発表会という場所で、今回4つの提案をプレゼンテーションしました。
 その結果、企業にはすべての提案を採用という形で評価していただきました。そしてチーム・セントレアは「最優秀賞」もいただくことができました。
 チーム4人はそれぞれ違う大学、学部で大変でしたが、沢山ディスカッションをして、とてもいい提案になりました。環境だけでなく、人として成長することもできたと思います。今回得たものは自分にとって大きなもので、将来に役立てていきたいです。

1_sustina_trimming_60_No2.jpg

最優秀賞を受賞したチーム・セントレアの皆さん
(パネルを持った女子学生2名とその奥に立っている男子学生2名。※男子学生2名のうち、右側が田中嵩也さんです。)

2_sustina_trimming_50.jpgチーム・セントレアの一員として発表会を行う田中嵩也さん