第6回星城カップ 障がい者、学生、スタッフ、プロ選手が一緒にプレー!

 リハビリテーション学部主催地域貢献事業として、障がい者スポーツ支援の精神障がい者フットサル交流大会を実施しました。精神障がい者11チーム、本学学生3チーム、教員、関係スタッフ及び名古屋オーシャンズサテライト選手等の計約200名が参加しました。トーナメント戦、交流戦、プロ選手との試合など、障がい者、学生、スタッフ、プロ選手が真剣勝負する姿は、感動的でした。また、本大会は、第1回ソーシャルフットボール地域選抜選手権に出場する東海選抜チームの強化も含めて開催されました。スポーツを通して、その楽しさや喜びを分かち合い、人と繋がり生きることの素晴らしさを共感できた1日になったと思います。学生も障がい者と交流が出来、貴重な体験となりました。

【第6回星城カップ 2018年フットサル交流大会】
日時: 平成30年9月10日(月)9時~17時
会場: 武田テバ・オーシャンアリーナ(名古屋市港区金城ふ頭2丁目7番)
主催: 星城大学リハビリテーション学部

【中日新聞朝刊 平成30年 9月11日(火) 17面 掲載】

scan-116_1024.jpg

IMG_0547_512.jpgIMG_0572_512.jpgIMG_0961_512.jpg