≪留学生会・現代亜細亜研究部≫大学祭にて、異文化発表会を開催しました!

 10月6日(土)の星祭(大学祭)で留学生会と現代亜細亜研究部との合同で「異文化発表会」を行いました。留学生会から6名、現代亜細亜研究部から2名の学生が異文化体験を基にしたスピーチを行いました。
 また、今回も、国際交流団体、本学の教職員、在学生と、沢山の方々にお越しいただきました。参加してくださった皆様には心より御礼を申し上げます。
 会場では、活発な質疑応答が行われ、楽しく、充実した研究発表となりました。
 本学では、学生達が今後も国内外での積極的な活動や国際交流を通して、実りのある学生生活を送れるよう、引き続き支援して参ります。


【発表者とスピーチテーマ】
1.「日本人の性格」(エンフジャルガル テルメン・経営学部2年)
2.「日本人の飲みニケーション文化」(グェン ティ ミン ハン・経営学部2年)
3.「日本の手続きは多過ぎる」(チン カキン・経営学部2年)
4.「日本人は現金を使いすぎる」(パク ガヨン・経営学部2年)
5.「日本とネパールの施設の違い」(ラマ マンタン・経営学部2年)
6.「日本のサービス業のマナー」(コウ ネンカ・経営学部2年)
7.「台湾研修報告」(瀬古 奈々香・経営学部2年)
8.「台湾留学報告」(林 真希・経営学部3年)

20181020_presentation.jpg20181020_group.jpg