就職支援セミナー「管理者・卒業生の声セミナー」 開催報告

 11月22日(木)、本学リハビリテーション学部2年生を対象とした、「管理者・卒業生の声セミナー」を開催しました。このセミナーは、早期から就職活動に向けた知識を身につけることを目的に、医療従事者としての心構えや、就職後の先輩の体験談などを踏まえ、学生時代に行っておくべきことなどを学び、自らの今後の学生生活をイメージする内容となっています。学生のキャリアデザイン形成にとっても大切なプログラムとなっており、学生は将来に向けた準備をここから始めることになります。
 「管理者の声」講師として、社会医療法人杏嶺会リハビリテーション科統括部長 小倉清孝先生にご講演いただき、リハビリテーション現場の状況や求められる人材像などについて、お話をいただきました。
 また、「卒業生の声」講師として、名古屋掖済会病院 西村勇輝先生(本学作業療法学専攻2017年卒)、 名古屋大学医学部附属病院 山本浩正先生(本学理学療法学専攻2018年卒)に卒業生代表として、学生時代に学んでおくべきことや体験しておくべきこと、新社会人としての心構えについて、講演していただきました。
 学生からは、「勉強面だけではなく、人間的にも成長し質を高められるよう、考えて行動したい」「学生時代にすべき事を今後の生活に組み入れたい」「今まで就職をしっかり考えたことがなかったので、将来を考える良い機会になった」との声を聞くことができました。
 管理者の立場である先生や卒業生お二人からの後輩への熱いメッセージは、2年生に十分伝わったようです。
 星城大学キャリア支援課では、今後も、在学期間を通して学生のキャリア支援を行って参ります。

career_20181130_01.jpg

社会医療法人杏嶺会リハビリテーション科統括部長 小倉清孝先生



career_20181130_03.jpg

名古屋掖済会病院 西村勇輝先生



career_20181130_02.jpg

名古屋大学医学部附属病院 山本浩正先生