≪まちづくり研究部≫「消防防災フェスタ」で科学実験ショーを行いました!

 9月14日、太田川駅前イベント広場で開催された「消防防災フェスタ」にて、まちづくり研究部が「星城大学『科学実験ショー』」を行いました。消防防災フェスタは、東海市制50周年記念事業の一つとして、レスキュー体験や放水体験ができる消防や防災に関するイベントです。
 まちづくり研究部のメンバーは、気象や空気の力を体感できる3つの科学実験を行いました。
 1つ目は雲を手の中で作ろうという実験です。アルコールを使ってペットボトルの中にアルコールの雲を作り出します。
 2つ目は空気の力という実験です。空気の入った袋を水の入ったペットボトルにぶつけることで空気の重さを実感できます。これはソフトボールの質量より大きく、勢い良くぶつかると、かなりの衝撃になります。
 3つ目は空気の大砲という実験です。段ボールにある空気を小さな穴に集めることで、小さな塊が飛び出します。
 これらの科学実験では、子供たちにステージに上がってもらい実験を体験してもらいました。実験を通して、子供たちに楽しく空気の力を体験してもらい、消防の魅力と防災への関心を高める一助を担うことができました。


20190923_machidukuri_01.jpg20190923_machidukuri_02.jpg20190923_machidukuri_03.jpg