2019年度公開講座(3講座・全2回)を開催しました

 10月26日(土)と12月7日(土)に、地域の皆さまに向けた2019年度星城大学公開講座を開催しました。

 10月26日(土)は、東海市立市民活動センターにて、第1回公開講座を開催しました。
 1つ目のテーマは、「買い物で未来を変える~エシカル消費による購買行動~」として、経営学部 野場惇平 助教が担当しました。普段何気なく購入している商品のなかには、労働搾取や環境破壊等の深刻な問題が潜んでいることがあります。こうした問題を解決するために、どのような買い物をすればいいのか、グループワークを取り入れながら、参加者の皆さまと一緒になって考えていきました。

20191221_open_01.jpg



 2つ目のテーマでは、「認知症の方とのコミュニケーション」として、リハビリテーション学部 牧野多恵子 講師が担当しました。認知症の方の心理的特徴を踏まえた上で、心に向き合う、寄り添うコミュニケーション方法について、お話ししました。普段、認知症傾向の方と接する参加者の方も多く、今後の生活に生かしていきたいというお声を多くいただきました。

20191221_open_02.jpg



 12月7日(土)は、知多市中部公民館にて、リハビリテーション学部 渡邊和子 特任教授による、第2回公開講座「健康なくらしを求めて ヒトが生きるしくみを覗いてみませんか」を開催しました。『生理学』という学問の一部をわかりやすく紐解きながら、身体のちょっとした変化を見逃さず、健康に過ごす方法についてお話ししました。参加者の皆さまには非常に関心を持って受講いただき、講座終了後も多くの質問をいただきました。

20191221_open_03.jpg



 参加者の皆さまから頂戴したご意見は、今後の公開講座開講等に生かしてまいります。引き続き、星城大学では、地域の皆様へ生涯学習の場を提供してまいります。