夢・留学が実現!海外ビジネス演習・海外インターンシップ 壮行会を開催

 2月15日(土)に「2020年度 海外ビジネス演習・海外インターンシップ」壮行会を行いました。フロリダ州立中央大学(アメリカ)1名・セントローズ大学(アメリカ)7名・インターンシップ(オーストラリア)9名の総勢17名の留学予定者が参加しました。開南大学(台湾)1名は、ちょうどこの日に現地へ出発しました。
 会の初めに、石田隆城副学長の挨拶、盧聰明経営学部長から激励の言葉があった他、留学を経験した経営学部4年 畑山 和美さんと経営学部2年 増田 弦希さんが「おくることば」を熱く語りました。「帰国したときの自分の姿が1年間の結果です。皆さんが1年後の自分を誇りに思えるよう応援します」との先輩の言葉に、皆、身を引き締めていました。
 また、留学予定者を代表して、経営学部1年 山本 あすかさんが「出発の辞」を述べ、「英語のみの環境を無駄にせず、毎日実践、毎日成長、を心がけ向上心をもって励みたい」と留学に向けての意欲を表明しました。
 海外ビジネス演習・海外インターンシップは、本学の建学の精神(彼我一体、報謝の至誠、文化の創造、世界観の確立)を具現化する、重要な教育プログラムの一つです。彼らの1年後の姿が楽しみです。


20200226_global_01.jpg【創設者像前で全員集合】

20200226_global_02.jpg

【先輩から「おくることば」】