《硬式野球部》春季リーグ戦試合結果 第2,3報

【2022年春季リーグ戦 2部リーグ】 ポイント制
 試合結果をお知らせいたします。
◎4月 9日(土) 対 至学館大学     3-5  ○ (3 pt)
◎4月10日(日) 対 愛知大学       2-5  ○ (3 pt)
◎4月16日(土) 対 名古屋経済大学  7-8  ○ (3 pt)
◎4月17日(日) 対 名古屋大学     2-0  ● (0 pt)

<4月9日(土)>
第2週1戦目、星城打線は初回から今季注目選手である経営学部4年望月勇哉(浜松商業)が、左中間を割る2ベースヒットで打線に火をつけると、続く経営学部4年山本泰斗(中部大第一)が、タイムリーヒットで先制点を奪取した。経営学部3年奥田春人(高山西)が9回を投げ抜き、3失点完投。打線も少ないチャンスをものにし5得点。1戦目を勝利で迎えることができた。

<4月10日(日)>
第2週2戦目、前日完投勝利を収めた経営学部3年奥田春人(高山西)が、先発投手としてマウンドに上がった。5回1失点の粘投で残り4回を他投手にあずけた。投手の踏ん張りを援護したい打線は、愛知大学プロ注目右腕の中井投手から5得点。投打がかみ合い2週目を2連勝することができた。

<4月16日(土)>
第3週1戦目、初回から先制点を挙げることに成功した。序盤を優位に進めた星城は、試合の流れを掴んだかに思われたが、8回表、4点差を追いつかれた。しかし、何度も逆境を跳ね返してきた星城ナインは、8回裏、経営学部4年山本泰斗(中部大第一)のタイムリーで1点をもぎ取り、逆転に成功。5人の投手による継投で何とか逃げ切り勝利を収めた。

<4月17日(日)>
第3週第2戦目、星城の先発は今季2勝を挙げている、経営学部3年奥田春人(高山西)。前半は両好投手による落ち着いた試合展開となったが、7回および8回に得点を許し、2-0で今季2敗目を喫した。

現在、4勝2敗同率3位、今後も負けられない状況が続きますが、チーム一丸となって精進いたします。

⑤.jpg③.jpg②.jpg④.jpg①.jpg