リハビリテーション学部

リハビリテーション学部

作業療法学専攻

障害者用トイレ

作業療法多目的自習室

生活支援を行う専門職

身体障害・発達障害・精神障害のある人、または高齢者に対して、主として、日常動作能力のうち、応用能力・社会生活適応能力について、さまざまな作業活動を用いながら諸機能の回復や開発を促し、治療・指導・援助を行うのが作業療法です。星城大学では、医学的知識と高度な技術に加え、心身の状態を見極める幅広い人材を育成します。

教育目標
 作業療法に必要な専門的知識と幅広い教養、さらに豊かな人間性の育成。
 医療人として共通の基盤の上でチーム医療を実践できる能力の育成。
 障害を科学的に分析・評価し、学問として探究できる資質の育成。

 リハビリテーション環境工学の有用性の認識とその技術との連携強化によるADL(日常生活動作)実用性およびQOL(生活の質)向上重視姿勢の育成。

 医療技術の情報化に対応でき、国際的な活躍ができる資質の育成。
作業療法とは

障害のあるすべての人が社会でいきいきと暮らすために、身体面のリハビリテーションだけでなく、心理社会面の支援も行います。

教育目標

トップへ戻る