リハビリテーション学部

リハビリテーション学部

臨床実習

リハビリテーション学部では、学内のみでなく病院や老人保健施設と連携して、実際の現場で実習を行います。
これは、カリキュラムに組み込まれた必修科目であると同時に、理学療法士・作業療法士という職業人へと成長するためにも不可欠なプロセスです。

臨床実習Ⅰ 臨床現場において指導者の下で見学実習を行います。理学療法士・作業療法士の業務を知ることにより、リハビリテーションの概念を学びます。

直接的な評価・治療は行わず、理学療法・作業療法実践場面の観察を中心に実施します。
医療における対人関係、マナー、医療の役割、医療に携わる者の心得等を学びます。

理学療法学専攻 1年次 1週間
(セミナー含む)
作業療法学専攻 2年次 1週間



臨床実習Ⅱ 臨床現場において指導者の指導のもとに、評価技術、初歩的な治療プログラムを作成するための基本を学びます。

理学療法・作業療法実践場面を観察し、臨床実習指導者のもとで評価を実施します。
講義・演習・学生相互の実習などを通して学内で習得した知識と技術を統合し、臨床現場での評価を体験することで、専門職に必要な技術水準を学びます。

理学療法学専攻 3年次 4週間
(セミナー含む)
作業療法学専攻 3年次 3週間



臨床実習Ⅲ 理学療法・作業療法専門科目の知識と技術を臨床場面に応用し、問題解決の基本を学びます。またリハビリテーションチームの一員としての役割を理解し、チーム医療のあり方を学びます。

臨床実習指導者の下、理学療法・作業療法実践場面にて評価と治療を実践する、約2ヶ月間 臨床に身を置くことで専門職としての自覚を高めます。
講義・演習・学生相互の実習などを通して学内で学んだ知識と技術を応用し、臨床現場で評価・治療プログラムの立案・治療に関わる機会を通じて、専門職としての態度を修得します。

理学療法学専攻 4年次(2施設) 各8週間(計16週間)
(セミナー含む)
作業療法学専攻 4年次(2施設) 各8週間(計16週間)

トップへ戻る