懸賞論文

第4回 懸賞論文の応募は締め切りました。多数の応募をいただき誠にありがとうございました。
審査結果は10月上旬に本ページおよび本人(又は学校)へ通知します。

第4回 懸賞論文

星城大学では、『21世紀「ゆたかな社会」』をテーマに、東海地区の高校に在学中の高校生から論文を募集しています。
私たちの目指す「ゆたかな社会」とはいかなるものか。21世紀の「ゆたかさ」のあるべき姿を、具体例を挙げながら論述していただきます。

※参考として、星城大学では同テーマで連続シンポシンポジウムを実施しておりますが、今まで取り上げられたキーワードとして「芸術・文化」、「食と農」、「環境保全」、「少子高齢化」、「里山」、「南海トラフ巨大地震」、「夢の実現」などがあり、今年度は「AI(人工知能)時代の教育と働き方」、「東海市の生んだ偉人細井平洲師」、「日本最大の傑人の一人織田信長公から学べること」などがあります。

21世紀の「ゆたかな社会」の実現には、高校生の皆様のしなやかでみずみずしい知性と感性が欠かせません。高校生の皆様の体験や、日ごろから感じておられることを、この機会に論文としてまとめていただき、ご応募いただけたら幸いです。

詳細は下記応募要項をご確認ください。

 応募要項

 応募用紙

メールでの論文応募はこちらから

(文字化けする場合はこちらから)

懸賞論文 前回の受賞者発表

第3回高校生懸賞論文募集の結果、下記の皆様が各賞に選ばれました。誠におめでとうございます。

【理事長賞】
鈴木梨央 様(知多翔洋高等学校) 「愛情と小さき声」

【学長賞】
波平憲太朗 様(半田商業高等学校) 「peace~ゆたなか社会への第一歩~」

黒木愛理 様(半田商業高等学校) 「真の人間の幸福とは」


【優秀賞】

兵藤玲奈 様(知多翔洋高等学校) 「幸せのために」

古田あや香 様(半田商業高等学校) 「通い合う社会で」

高山莉花 様(東海商業高等学校) 「言語的豊かさについて」

木下紘輝 様(愛知商業高等学校) 「豊かとは」

大矢千咲 様(知多翔洋高等学校) 「デザインができること」

シャナイヤ リムシャコ 様(知多翔洋高等学校) 「たくさんの愛をください」

杉江玲佳 様(知多翔洋高等学校) 「小さな幸せから広がること」

髙木もも 様(星城高等学校) 「支え合いから生まれるゆたかな社会」

國松 葵 様(東海商業高等学校) 「豊かとは」

樫地智貴 様(愛知商業高等学校) 「ゆたかさとは」

【学校賞】

知多翔洋高等学校 様
半田商業高等学校 様

トップへ戻る